スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

菅野彰『不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ』2巻

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ (2)
4872576020菅野 彰 イースト・プレス 2005-09
売り上げランキング : 1,093
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大人のバレエに闘うカポエイラ、物忘れには脳ドックなど、体を張って体験を続ける著者。国立競技場でジョギング、そしてマラソン大会と、ハードな修行のあれこれを綴る。

作家菅野彰による“こんな不健全な私だけど、健全な肉体になりたいの”
タイトルのまんまの体当たり体験(爆笑&身につまされる)エッセイ。
いつから菅野さんの肩書きが“健康ライター”になったんじゃい!と
軽く突っ込みを入れながらも、この、不健全の見本のような菅野さんが、
成り行きで(笑)ぬわんとマラソンにまで挑戦しちゃうんですから!
「も、もしかしたら私でも、、、」と思いかけたものの、
やっぱりなんだかんだ云って、体育系の血を色濃く受け継いでいるのかも。
「今回の修行 その3」冒頭を読んで、そう強く確信しちゃったのは私です。
人間誰にでも、自分では気づかないだけの何か素晴らしい才能があるのかしら??
ああ、熱烈にその説にすがりたい気分(笑)。




今回「健全な肉体」を求めて、体当たりレポされた中で一番訪れてみたいと思ったのは、
連載中に唯一酒を飲まなかった修行の場、奇蹟が起こった「アーユルヴェーダ」かな?
毎回毎回厳しい修行を体当たりで体験しながら…でも、やっぱり最後は酒と焼肉!
健康なのか不健康なのかよく判らない人たちに酒を飲み気にさせなかったとわ!
そんな神秘体験、私もぜひとも体験してみたい!

ま、健康ネタよりも全体に散りばめられている「こんなにヘタレな私の体ネタ」のが、
ゴメンなさい。正直云って面白かったデス。
ちょっとしたところに反応して大笑い…笑ってる場合じゃないんですけどね。
この人も芸人並(以上?)に、体張った仕事してますなあ。
いや〜。菅野さんのエッセイ、それにしても可笑しすぎ(笑)。

最後の「当たる占い師」で衝撃の真相を知り、つい貰い泣いてしまったけど、
次巻では、ようやく与論マラソンに参加して走ってきた話が読めるんでしょうか。
とっても楽しみにしています。それまで、どうぞご無事で(爆)。
(表紙は菅野さんご自身の姿!美人じゃーん!でも、ここでも酒、飲んでるし/爆)
author: 七生子
作家さ行(菅野 彰) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

菅野彰『不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ』

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ
不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ
菅野 彰

滝に打たれ、恐山でイタコに会い、結婚運を占なってもらえず、
前世を占い、断食し、そして合間に酒を飲みまくった。
そんな5年に及ぶ体験エッセイ。
『恋運暦』連載に『H×H』増刊に掲載されたものを加え、単行本化。



菅野さんのエッセイ、それにしても可笑しすぎ(笑)。
この体験エッセイの雑誌連載時の題名からしてそうだ。
そもそもの最初は
“菅野彰・結婚への道 人気女流作家二十九歳崖っぷち”
だったとか。うひゃひゃひゃひゃ。
軽い気持ちから乗っかったそうだけど、それにしても自虐的すぎ(笑)。
“本当に私は結婚したいのだろうか?”毎回自問自答しながらも
「まっいいか」流されるままに、いつしか本来の目的“結婚”から遠く離れ、
いつしか“こんな不健全な私だけど、健全な肉体になりたいの”な
体験エッセイへと変化していくのが、また可笑し…いや、勉強になる(笑)。

菅野さんって「結婚」という名の「世間体」の呪縛に
強く囚われすぎているようにしか思えない。
開き直っちゃえば楽になるのに…と言えるのは、
きっと私が結婚しているから、なんだろうなあ。
焦る気持ちは分からないでもないが、こんなイカズゴケーズなら楽しそう♪
(いやあ。エッセイのネタにもなるこんなに愉快な友人に恵まれてるんだもん。
別に結婚しなくとも…と思ったのは私だ^^;)

しをんちゃんとは、また違った感覚で共感を誘い、笑わせてくれるトコが好き。
菅野さんの魅力が全開の爆笑エッセイ。いやあ。元気になります(笑)。
それにしても、よく呑んで、食べてますなあ。
空腹時に読むと、ますますお腹がすいちゃうかも。嗚呼、焼き肉食べたい(笑)。
author: 七生子
作家さ行(菅野 彰) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)