スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

東川篤哉『交換殺人には向かない夜』

交換殺人には向かない夜
交換殺人には向かない夜東川 篤哉
光文社 2005-09-26
売り上げランキング : 102,717
おすすめ平均 star
starライトで楽しいミステリー・・・・?!(;´Д`)ハァハァ
star華麗なドンデン返しに愕然
starえ、と一旦止まります
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

浮気調査を依頼され、使用人を装って山奥の邸に潜入した私立探偵・鵜飼杜夫。ガールフレンドに誘われ、彼女の友人が持つ山荘を訪れた探偵の弟子・戸村流平。寂れた商店街の通りで起こった女性の刺殺事件の捜査をおこなう刑事たち。別々の場所で、全く無関係に夜を過ごしているはずだった彼らの周囲で、交換殺人はいかにして実行されようとしていたのか?飄々と、切れ味鋭い傑作本格推理。

第1作目を読んだらどうしても次が読みたくなって、2、3作目をすっとばして
烏賊川市シリーズ最新作である第4作目を読んじゃった。
本格ミステリなのに、、、このバカバカしさは何なのよ〜?(笑)
最初から最後までくすくす笑いながら、気分的には一気読み!
続きを読む >>
author: 七生子
作家は・ま行(東川 篤哉) | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
 
 

東川篤哉『密室の鍵貸します』

密室の鍵貸します
密室の鍵貸します東川 篤哉
光文社 2006-02-09
売り上げランキング :
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

戸村流平は、茂呂耕作と、紺野由紀の2人の死への嫌疑をかけられた。由紀の死に関しては完璧にアリバイがあるのだが、それを主張できない。由紀が死んだ夜、鍵のかかった茂呂の部屋で、彼の死体を発見していたから…。

私にとっての初東川篤哉作品。予備知識ゼロの状態で読み始めて…おんもしろ〜い!
殺人容疑をかけられ逃亡するものの、どこか間が抜けてる主人公や、
運河に浮かぶクラゲで天気予報する警部など、登場する人物という人物がみな
飄々としていて面白味があるばかりか、文体まで飄々としていて、人を食った感じ(笑)。
謎解きそっちのけで、登場人物らのやり取りを楽しく読みました。
続きを読む >>
author: 七生子
作家は・ま行(東川 篤哉) | permalink | comments(1) | trackbacks(0)
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)