スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

村上春樹・佐々木マキ『ふしぎな図書館』

4062759489ふしぎな図書館 (講談社文庫 (む6-33))
村上 春樹 佐々木 マキ
講談社 2008-01
by G-Tools

村上春樹と佐々木マキが贈る大人のためのストーリー魅力溢れる絵。ぼくは「図書館」から、脱出できるのだろうか?懐かしい“羊男”も登場。

大好きな作品集『カンガルー日和』の中で「図書館」が舞台になっていて
とても印象的だった作品「図書館奇譚」が、数年前に改稿されて絵本になった。
その際、購入しようかどうか迷ったものの、値段に躊躇してしまって買わず終い。
まさか文庫落ちするとは思っていなかったので、
文庫版ではあるものの、こうして入手できて読めて本当に嬉しい。
久々に羊男に会えたことも(はあと)。

JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
author: 七生子
作家は・ま行(村上 春樹) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

村上春樹・和田誠『村上ソングズ』

4120038963村上ソングズ
村上 春樹 和田 誠
中央公論新社 2007-12
by G-Tools

ポピュラーなあの曲、知る人ぞ知るこんな曲。厖大なレコード・コレクションから村上さんが選び、歌詞を訳して紹介するジャズ、スタンダード、ロックの名曲。訳詞とエッセイに和田さんの絵も満載

最初手に取った時は、村上春樹作品に登場する音楽を集めた
作家自身による解説本なのかと思ったんですが、ページをめくって納得。
相当なジャズマニアである春樹さんが膨大なコレクションの中から
「これは!」という曲を選んで歌詞を翻訳し、紹介してくれる本。
ただ紹介してくれるだけではなく、曲にまつわる思い出や解説など
ちょっとしたエッセイがついているのが、たまりません。
まるで春樹さんちにお邪魔して、懇切丁寧にレクチャーを受けているかのよう。
内容にぴったりな和田さんの絵が、曲ごとに配されているのがいい。
残念ながら詞だけの紹介でメロディは聴こえないんですが、
聴こえないメロディをおぎない、まるで短編小説を読んでいるかのような
芳醇で物悲しい(能天気で甘い曲よりも人生の哀切を感じさせる曲のが多い)
音楽の世界へといざなってくれる。
村上春樹の文章と和田誠の絵と、最高のコラボレーション作品です。

JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
author: 七生子
作家は・ま行(村上 春樹) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

村上春樹・吉本由美・都築響一『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』

東京するめクラブ 地球のはぐれ方
東京するめクラブ 地球のはぐれ方
名古屋、熱海、ハワイ、江ノ島、サハリン、清里を、ムラカミ隊長と「東京するめクラブ」が徹底探検。近場の秘境、魔都、パラダイスでの驚天動地の発見満載の旅行記。『TITLE』連載を単行本化。

「このメンバーで、なぜ今さら&わざわざこんな場所を旅するの?」
思わず頭を傾げたくなってしまうようなベタな観光地巡りの書なのである。




3人が訪れるのは、ブームを先取りしたような名古屋は別として、
かつてのスタンダードから転落し、秘境と化してしまった土地(観光地)ばかり。
だけど3人の、一見つまらなそうな場所に行ったとしても、
何かしら面白いものを見つけよう、貪欲に楽しもうとする姿勢は、
「時代の波から取り残されてしまった場所ばかりじゃないか!
今さら行ったとしても、どうせ楽しめないに決まっている!」
誰もが抱いているそんな先入観を、見事なまでに打ち砕いてくれるばかりか、
「おぉ。どこも意外と楽しそう&頑張ってるじゃん!私も旅したいぃ〜♪」
かえって旅情へと誘ってくれるのである。不思議なぐらいに。
(よくよく考えたら私、旅先である6ヶ所の内、実際に訪れたことがあるのは
江ノ島だけ、だったりする。清里じゃなく清泉寮には、行ったことがあるけど)

久しぶりの村上春樹さんのエッセイが心地良い、ゆるゆるの旅行エッセイ。
旅の反省会のような座談会も、いとおかし(笑)。
でも本当のところは、都築さんの後書きにあるように、
なにも熱海や江の島を「次の夏休みにはぜひ」とお勧めするためなのではなくて、「幸せの敷居を低くするのが、人生をハッピーに生きるコツなのかも」と提案してみたかっただけだ… (p.382)

それが、読者へのメッセージなのかもしれない。

それにしても…
名古屋に行って味噌煮込みうどん食べたいー!モーニング食べたいー!
熱海に行って熱海秘宝館行きたいー!(笑)熱海ナイトクルーズしたいー!
ハワイに行ってマイタイ飲みたいー!ヴォルケーノ・ロール食べたいー!
江の島に行ってローマ風呂に入りたいー!のら猫と遊びたいー!
サハリンに行ってカニ食べまくりたーい!トド見たいー!
ぜいぜいぜい(笑)。

author: 七生子
作家は・ま行(村上 春樹) | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)