スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

太宰治『津軽』

4896421639津軽
太宰 治
未知谷 2006-06
by G-Tools

大地に根差す真正の「人の心と人の心の触れ合ひを研究」する愛の、故土である津軽を生きた姿で掴み、軽妙な筆致で描き切った太宰治の代表作「津軽」。津軽の自然風景を捉えた写真の数々とともに贈る。

参加している某SNS読書会コミュの2月の課題図書。
私にとってはすごく久しぶりになる再読です。
ススメられて未知谷の『津軽』で読んだのだけど、“桜と岩木山”など
『津軽』にゆかりのある風景の写真が多く掲載されていて、
津軽の自然や土地柄が少しでも味わえるので、未知谷版で読んで良かった。
昭和19年春の旅だから、小説の舞台となるのは60年以上も前のこと。
だけど文章から、当時の津軽の風景が鮮やかに目に浮かぶようだ。
作品の雰囲気を鑑みてこの本では旧仮名遣いを採択したそうだが、大正解♪
でも、そうと感じさせない文章の読みやすさには驚かされた。

JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
author: 七生子
[読書会課題本] | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)