スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

森谷明子『千年の黙 異本源氏物語』

千年の黙―異本源氏物語
千年の黙―異本源氏物語森谷 明子
東京創元社 2003-10
売り上げランキング : 167,917
おすすめ平均 star
star紫式部探偵もなかなか面白い
star紫式部の巻き込まれた些細な事件、だが、その後ろには・・・?
star千年前にタイムトリップしてみたら
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【第十三回鮎川哲也賞受賞作】
帝ご寵愛の猫、『源氏物語』幻の巻「かかやく日の宮」――二つの消失事件に紫式部が挑む。平安の世に生きる女性たち、そして彼女たちを取り巻く謎とその解決を鮮やかに描き上げた、大型新人による傑作王朝推理絵巻!

あちこちから勧められ、是非読んでみたいと願っていた作品がようやく読めた!とても嬉しい♪

「平安時代の日常の謎もの」と聞いていたから、ほのぼのしたハートウォーミングな物語を
想像していたけど、とんでもない!
まずは第一部。「猫の失踪」の謎を追う内に、じわじわとこの時代ならではの権力構造が
浮かび上がってくるところがポイント。
それを踏まえた上で、続く第二部で紫式部自身が、いつの間にか消失した「輝く日の宮」の謎を追う。
昨年読んだ丸谷才一『輝く日の宮』とアイデア、黒幕とも共通しているのだが、
随所で解釈の方法が異なっているから、読み比べてみると、とっても面白いと思う。
続きを読む >>
author: 七生子
作家は・ま行(森谷 明子) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)