スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

加門七海・福澤徹三・東雅夫編『てのひら怪談 己丑 ビーケーワン怪談大賞傑作選』

てのひら怪談 己丑―ビーケーワン怪談大賞傑作選 (ポプラ文庫)
てのひら怪談 己丑―ビーケーワン怪談大賞傑作選 (ポプラ文庫) 加門 七海 東 雅夫 福澤 徹三

ポプラ社 2009-06-10
売り上げランキング : 96427


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いまインターネットで話題騒然の「3分で読める800字の怪談」シリーズ第二弾。一度読んだら二度と忘れられない(!?)怖い話、不思議な話、奇妙な話、せつない話…三度の飯より怪談が大好物の書き手たちが腕を競った中から、特に評価の高かった作品ばかり全108編を一巻に厳選収録。
 『てのひら怪談2』と『てのひら怪談 百怪繚乱篇』所収の作品から108編を厳選し収録した傑作選集。108篇の奇妙で不思議な物語。切なくて、おぞましくて、ぞっとして、中にはくすり笑ってしまうものまで。800字以内と短いながらどの作品も、読者を独自の作中世界に引き込む吸引力のある物語ばかり。 
 『てのひら怪談 百怪繚乱篇』が既読で読み覚えのある作品も多かったけど、いやー。再読してもいいものはいい。「好き」と、印象深かった作品が収録されていると嬉しくなる。日常が非日常に切り替わる様を興味深く読んだ。 

 それにしても「てのひら怪談」を読んで掻き立てられるのが「怖い」という感情だけでは決してないこと、そして「怖い」という感情や「怪談」について改めて考えさせられるところが興味深い本だと思った。

JUGEMテーマ:読書
 
続きを読む >>
author: 七生子
作家海外(SF&ホラー&FT) | permalink | comments(0) | -
 
 

パトリシア・A・マキリップ『オドの魔法学校』

4488520073オドの魔法学校 (創元推理文庫 F マ 9-1)
パトリシア A.マキリップ 原島 文世
東京創元社 2008-02
by G-Tools

両親を病で亡くし、ひとりぼっちで暮らすブレンダンのもとに、オドと名のる女巨人が訪れた。都にある魔法学校の庭師になって欲しいというのだ。求めに応じたブレンダンだったが、慣れない都の生活になかなかなじめない。一方王宮では、歓楽街で興行する魔術師の噂に、王と顧問官たちが神経をとがらせていた。果たして件の魔術師はただの興行師か、それとも本物の魔法使いなのか。幻想の紡ぎ手マキリップの、謎と魔法に満ちた物語。

マキリップの待望の新作ですよ!
ものすんごくお久しぶりだった『影のオンブリア』から、またまた久しぶり!
でもってレーベルが、ハヤカワ文庫FTじゃなくて創元推理文庫なのね!

タイトルからして
「あのマキリップが少年の成長もの&学園ファンタジーを書いたとは!」
そうだとばかり思い込んで読んだら、まったく違う物語だった(汗)。

JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
author: 七生子
作家海外(SF&ホラー&FT) | permalink | comments(4) | trackbacks(1)
 
 

スーザン・プライス『オーディンとのろわれた語り部』

4198607397オーディンとのろわれた語り部スーザン プライス Susan Price 当麻 ゆか 徳間書店 1997-07by G-Tools

さいはての国の女王の夫になるため、国じゅうで一番話のうまい語り部の若者に、自分をほめさせようとする邪悪な魔法使い。だが語り部に断られ、怒った魔法使いは魔法を司る神オーディンの力を借りて、恐ろしい魔物を作り出し、若者を襲う。若者の武器は自分の持つ「言葉の力」だけだった…。北欧神話をもとにした、豊かなイメージが広がる力強い物語。

北欧神話の世界を下敷きにしているものの、物語の味わいは民話に近い。

JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
author: 七生子
作家海外(SF&ホラー&FT) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

江坂遊『ひねくれアイテム』

4061825879ひねくれアイテム (講談社ノベルス エA- 3)
江坂 遊
講談社 2008-02-08
by G-Tools

怖くなり、笑い転げ、驚き、感心しているうちに、どんどん日常の薄皮がはがれ落ち、奇妙な世界のただ中で立ち尽くしている裸の自分を発見することになる。企みと愉しみにみちた作品をあつめたショートショート集。

星新一の後継者たる江坂遊の待望の最新作品集。
復刊セレクションで復刊された『仕掛け花火』巻末で告知されていた新刊とは、
この本のことなのかしらん。
ショートショートが全部で48編収録。
一編読むと早く次の作品が読みたくなって、次から次へとページをめくる手が
止められなかった。

JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
author: 七生子
作家海外(SF&ホラー&FT) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

R.A. ラファティ『宇宙舟歌』

宇宙舟歌
宇宙舟歌R.A. ラファティ R.A. Lafferty 柳下 毅一郎
国書刊行会 2005-10
売り上げランキング :
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラファティというと短編作家のイメージが強くて、
この作品もてっきり短編集かと思って読み始めたら長編作品で驚いた。
1968年に発表された初めての長篇3作(『トマス・モアの大冒険』『地球礁』
『宇宙舟歌』)の内の一篇なんですね。
内容はといえば宇宙戦争の英雄ロードストラム艦長が辿る荒唐無稽な放浪の旅…って
これ、舞台を宇宙に移したラファティ版「オデュッセイア」じゃないですか!
あの有名な物語を下敷きにして、ラファティがどう調理し読ませてくれるのかを
楽しみに読みました。
続きを読む >>
author: 七生子
作家海外(SF&ホラー&FT) | permalink | comments(1) | trackbacks(0)
 
 

ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』

銀河ヒッチハイク・ガイド
4309462553ダグラス・アダムス 安原 和見 河出書房新社
2005-09-03 売り上げランキング : 170
おすすめ平均 star
star宇宙弥次喜多珍道中
star「面白い」と言う他に言葉を費やす必要はあるのか?
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

偶然のたまたま、「王様のブランチ」の映画コーナーを見ていたら
近日公開の新作映画として紹介されていたのよ!
“銀河バイパス建設のため、ある日突然、地球が消滅”つまり
地球があっさりなくなっちゃったところから物語が始まるという設定にバカウケ。
某国映画じゃ、いかに地球を消滅の危機から救うのかを描いて
熱い熱い感動ストーリにしてるっていうのに。いいなあ、ブラックで(笑)。
映画もぜひ見たい!でも、確か原作もあったよね?
検索してみたら、映画公開絡みで新訳で「銀河ヒッチハイク・ガイド」シリーズが
復刊されたようす。おぉ!
映画は、ちょっと見に行けそうにないけど、いつか見られる日が来ることを信じて
まずは原作を読む読む読む。
続きを読む >>
author: 七生子
作家海外(SF&ホラー&FT) | permalink | comments(2) | trackbacks(2)
 
 

アン・マキャフリー『天より授かりしもの』

4488597025天より授かりしもの (創元推理文庫)
アン・マキャフリー 赤尾 秀子
東京創元社 2004-03-23
by G-Tools


 城を抜け出したプリンセスは森の小屋でひとり暮らし始めた。
 天賜を分かちあう少年との運命的な出会い……彼の正体とは?
 現代SFの女王マキャフリーが贈るロマンティック・ファンタジイ。


ええっと
「どんな女の子でも、自分の人生は自分の手で切り拓くべきべき」とか
「女性の自立」とか「ベストパートナーを見つけよう」とか
あれこれ教訓を探そうとはせずに、純粋なる「ガール・ミーツ・ボーイ」、
チャーミングでキュートな恋物語として、楽しみながら読むべきだと思う。
手軽に読めるのも嬉しい♪

それにしても「パーンの騎士」なぞのマキャフリーの本筋SF作品を読まずに
軽めのロマンティック・ファンタジイばかり読んでいていいのかしらん?ぽりぽり。

JUGEMテーマ:読書


ブログランキング・にほんブログ村へ
author: 七生子
作家海外(SF&ホラー&FT) | permalink | comments(0) | -
 
 

カイ・マイヤー『鏡のなかの迷宮 光る石』あすなろ書房

4751521292鏡のなかの迷宮〈2〉光る石
カイ マイヤー Kai Meyer 遠山 明子
あすなろ書房 2003-12

by G-Tools

 サイは投げられた!メルレは黒曜石のライオンとともに、地獄の都へ。
 伝説の大どろぼうゼラフィンは、仇敵ダリオと再会し、奇妙な館へと招かれる。
 しかしそれぞれの試練は、巨大なパズルのピースのひとつにすぎなかった。
 もつれあう秘密の先にある真実がすこしずつ明らかになる待望の第2部。


うーん。謎が謎を呼ぶ怒涛の展開の第2巻かも(汗)。
1巻が起なら、この2巻は承でしょう。なのに、その先の転結が全然見えてこない。
本当に次の3巻目で、広げに広げた風呂敷をきちんと読者の納得のいく形で
綺麗に畳んでくれるのか、すっごく不安になってきた(苦笑)。
正体不明の<水の女王>は相変わらず謎のままだし、
更なる謎の人物スフィンクスのララペーヤに<冬>は登場するし、
地獄の王はエジプト軍の事なんかそっちのけで、平行世界への侵略を
構想してるし。。。
まあ、あとがきを読む限り、ものすごい展開が待っていて
ちゃんと3巻で完結するようだけど。完結編の刊行が、とっても待ち遠しい♪

七生子さんの大予想。[以下、ネタばらし→]
メルレの正体が明らかに。<水の女王>より古い太古の海洋帝国の末裔で<地獄の王>の孫娘。
んで彼女が、ファラオに率いられたエジプト軍を倒してヴェネチアに平和をもたらすんだな。
それに、地獄にあるあの光る石が使われるんでしょう、きっと。
で、地獄の王の野望を打ち砕く際に、鏡の目の少女ジュニパが絶命かな(涙)。
現在のエジプト軍と<水の女王>の抗争に重なるように、
かつての古代世界でも同様の抗争があったというのが、3巻での目玉でしょうね。
スフィンクスのララペーヤ、そして彼女が守っていた巨大なスフィンクスが物語の鍵かと。
[←ここまで]
1巻の感想はコチラ



カイ・マイヤー『鏡のなかの迷宮 光る石』あすなろ書房
author: 七生子
作家海外(SF&ホラー&FT) | permalink | comments(7) | trackbacks(0)
 
 

ニール・ゲイマン『ネバーウェア』

4924914347ネバーウェア
ニール ゲイマン Neil Gaiman 柳下 毅一郎
インターブックス 2001-06
by G-Tools

怪我をして行き倒れた少女を助けたことから、リチャードの暮らしは激変する。
現実のロンドンでのリチャードの痕跡が消えてなくなり、代わりに
ロンドンの下にある「もう一つのロンドン」へ足を踏み入れることになったのだ。
様々な試練と冒険を経て、再びリチャードは現実のロンドンに生還できるのか?

下界と呼ばれる「もう一つのロンドン」を舞台にしたダーク・ファンタジー。

JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
author: 七生子
作家海外(SF&ホラー&FT) | permalink | comments(0) | -
 
 

カイ・マイヤー『鏡のなかの迷宮 水の女王』

4751521284 鏡のなかの迷宮〈1〉水の女王
佐竹 美保 Kai Meyer 遠山 明子
あすなろ書房 2003-07

by G-Tools
 「鏡のなかの迷宮」って題名だけでもう私のドツボ、ど真ん中ストライク。
 本の表紙だって“ヴェネチアの運河にせり出すような石造りの町並み、そして運河の上を飛ぶ
翼あるライオンと、背に乗る少女の図”と、なんて幻想的で素敵なんでしょう!!うっとり。
 とぉーーっても期待しながら読む読む読む。。。


  この世界ではない、もう一つのヴェネチアが舞台。
  「水の女王」により守られているこの町―花崗岩のライオンが空を飛び、
  人魚がレガッタをひき、魔法の鏡工房がある不思議な町―は、
  突然甦ったファラオに率いられたエジプト帝国の軍隊により、
  30年間以上も包囲され続けてきた。
  荒廃し続けるヴェネチアの魔法の鏡工房に、弟子として孤児の少女メルレが
  やってきた事から、物語は動き始める。。。
  「水の女王」をめぐる陰謀に巻き込まれ、メルレは水の女王の「担い手」となる が…。


 孤児の女の子メルレを主人公とするファンタジー三部作の第一部なのだとか。
 幻想的な水の都市ヴェネチアを舞台に、水でできた鏡、まんま「人魚姫」の不思議な女性、鏡の目の少女、元泥棒の少年、水の女王、人魚、そして黒曜石の人の言葉を話す空飛ぶライオンなど、豪華で魅力的な舞台&設定が「これでもか!」とばかりに盛り込まれている。
 でも…主人公のメルレの性格に違和感が。ちょっとお馬鹿すぎません?ま、成長譚でもあるならば、このぐらいでちょうどいいのかもしれないけれど。

 地獄の存在がどう絡むのか?光の王とは?ヴェネチアの命運は?そしてメルレの出生の秘密とは?波乱含みの2巻以降の展開が、とても楽しみ♪

     

カイ・マイヤー『鏡のなかの迷宮 水の女王』あすなろ書房
ブログランキング・にほんブログ村へ
author: 七生子
作家海外(SF&ホラー&FT) | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)