スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

道尾秀介『背の眼』

背の眼
背の眼道尾 秀介
幻冬舎 2005-01
売り上げランキング : 171,773
おすすめ平均 star
star楽しい本です
starこれはホラー小説ではないですね。
starあっさり読めるホラー小説です。苦手な方もどうですか?
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「レエ オグロアラダ ロゴ…」 ホラー作家の道尾が白峠村の河原で耳にした無気味な声。その言葉の真の意味に気づいた道尾は「霊現象探求所」の真備を訪れた。そこで見たものは…。第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。

以前読んだ『向日葵の咲かない夏』(感想)が個人的にツボだったので、
ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞したデヴュー作も読んでみました。
続きを読む >>
author: 七生子
作家は・ま行(道尾 秀介) | permalink | comments(6) | trackbacks(2)
 
 

道尾秀介『向日葵の咲かない夏』

向日葵の咲かない夏
向日葵の咲かない夏道尾 秀介
新潮社 2005-11
売り上げランキング :
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

終業式の日、小学校を休んだS君の家に寄ると、彼は首を吊っていた! だけど先生や警察を呼んで再び戻ると、なぜか死体は消えていた。混乱する僕。そこへS君が現れ「僕は殺された」と訴えて…。僕は妹と真相を探ることに。

面白かった面白かった面白かったのよう!
大興奮して熱く語れる内容の物語ではないにもかかわらず、
作中のあちらこちらに散りばめられている謎の数々がなにやらいわくありげで大変に魅惑的。
ついつい「早く真相が知りたいのよう!教えて教えて!」状態になって、
作中世界に引き摺り込まれて夢中になって読んじゃいました。

何を語ってもネタばらししてしまいそうで怖いんですけど、
さすがはホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデヴューした作家の受賞後第1作目。
ホラーと本格ミステリが見事に融合していて、そのどちらでも読ませてくれます。
この作品はそれにジュブナイルの要素までもが加わって、
何ともいえない独特で絶妙の世界観を醸し出しています。
ただ、どす黒くてどす黒くてどす黒いので(笑)、そういう話が苦手な人は辛いかもしれないけど。
続きを読む >>
author: 七生子
作家は・ま行(道尾 秀介) | permalink | comments(5) | trackbacks(4)
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)