<< 松尾由美『バルーン・タウンの殺人』*prev
北上次郎・大森望『読むのが怖い!』 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

森谷明子『れんげ野原のまんなかで』

れんげ野原のまんなかで
れんげ野原のまんなかで
森谷 明子
職員の目を盗んで閉館後の図書館に居残ろうとする少年たちが次々現われた。いったい何を狙っているのか? 新米司書・文子と先輩の能勢がめぐり合う、本の旅人たちの悲喜交々の物語。

『千年の黙 異本源氏物語』で第13回鮎川哲也賞を受賞した森谷明子さんの
待望の受賞後第1作目は、図書館が舞台で図書館司書が探偵役を務める、
本にまつわる日常の謎系ミステリの連作集。
本好きあーんど図書館好きには、にまにましちゃってたまらない1冊かも。

読んでいる最中、『晴れた日は図書館へ行こう』や『永遠の森 博物館惑星』や
加納朋子さんの作品をつい思い浮かべていた私(*^^*)。
舞台となる図書館自体、もし実在するならお弁当持参で毎日のように入り浸りたい理想的な図書館だし、それに負けず劣らず、すっごく雰囲気が良くて心温まる素敵な作品集なんだけど…。
本格ミステリとしてはもうひとひねりか、連作の最後にドカンという仕掛けが欲しかったなあ。それだけが、少々物足りなかった私です。

私自身司書の資格を持っているし、身近に公共図書館員がいる関係上、図書館業務や内部事情について、そこそこ聞きかじっているんですが、
作品でさりげなく描写されている図書館実情のリアルさに、思わずビックリ!!
なんて詳しいんだ!取材されたのかなあ?それとも森谷さんご自身が司書?
ただ、「図書館員はこうだ!」とか、断定的に書かれている部分に
「む」ちょこっと引っかかってしまったのだけど。ま、枝葉の部分ですけどね。

主人公文子ちゃんと探偵役の能勢さんとの恋愛を期待して読んでいたのに…
あらら。能勢さんって既婚者だったのねー。がっかり&残念。
でも重たいようで後味がいい第5話「れんげ、咲く」で、もやもやをふっきり
前向きにずんずん進んでいけそうな文子ちゃんの姿を見て、ほっと安心。
その先には何があるのか。
図書館ミステリと一緒に、文子ちゃんの恋にも期待したい。続編、熱烈希望!!

私にとっての最大の謎は
“能勢さんの奥さんに文子ちゃんが貸し出した本とは何か!”
だったりする。
(…貸し出し手続きした?つか、貸し出しカードを持ってたのかしら?)
キーワード入れて検索してみたけれど、さっぱり判らず(涙)。
判らないとなると余計に知りたくなるもの。判った方、こっそり教えてね!

そうそう、キモになってる児童書2冊、私、読んでませーん。
図書館環境が悪すぎて、子供時代に読み損なっちゃった(涙)。
小学3年生でそこまで耽溺できる本に巡り合えるなんて、なんて幸せなんだ!
author: 七生子
ジャンル別(ミステリフロンティア) | permalink | comments(9) | trackbacks(9)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
きょうは、七生子がれんげで本へ連作しなかったよ。
れんげへ旅人みたいな受賞したかったみたい。
七生子がれんげに冊を探偵するはずだった。
れんげまで七生子が本も探偵したいです。
comment by: BlogPetの「なな」 | 2005/04/14 10:16 AM
七生子さん、こんにちは。
ブログ模様替えされたんですね。
シックで素敵ですね(^^)

「れんげ野原のまんなかで」
図書館が舞台で日常の謎系なんてすっごく読んでみたいです。早速図書館で探してみます♪
comment by: 空猫 | 2005/04/16 2:50 PM
七生子さん〜
私も、文子が能勢夫人に貸した本が分かりません〜
「あれかな〜」とかって考えてみたり、調べてみたりしているんですけど、分からない!
分かったら、教えてくださいませ。
comment by: よっしー | 2005/04/17 8:24 AM
>空猫さん

ありがとうございます〜。
春だし(?)気分転換にテンプレートをお借りして模様替えしちゃいました♪

図書館&本好きにはたまんない作品だと思います。
空猫さんなら、キモになる児童書2冊、きっと既読でしょう。
そしたらなお更、思い入れが深い作品になるんじゃないかと思いますよん。

>よっしーさん

よっしーさんも!?私もダメ。ぜんぜん判りませんわ(お手上げ状態)。
家庭内司書にレファレンスして聞いてみようかな。
こーいう「題名探し」用のレファレンスツールってあるんでしょうかね?
comment by: 七生子 | 2005/04/17 11:14 AM
七生子さん、こんにちはー。
トラックバックさせていただきますね。
この本、ほんといい作品でしたねー。
ほんと、ここの図書館には、お弁当持参で行きたいぐらい。
でも、ちょっと物足りない部分があったというのと、
図書館員についてあまりに断定的だったのはちょっと、
というのも同感でした。(^^ゞ

能勢夫人に貸した本、私も知りたいですー。
分かったらぜひ教えて下さいませ♪
comment by: 四季 | 2005/04/18 6:21 AM
わたしも読み終わったのでトラックバックさせてくださいね。で、やっぱりわからない、能勢夫人の本。
赤木かん子さんの本の探偵かしら?
comment by: かっこー | 2005/04/18 10:50 AM
>四季さん

TBありがとうございます♪
たぶん四季さんなら、作中登場する児童書2冊はきっと既読だろうなあと
思っていたんですが、やっぱり!!
「あ!大好きなあの作品だ!」とピンと来る快感を味わえるなんて
羨ましい〜(*^^*)。遅ればせながら、読み始めました^^;。

「ミステリ・フロンティア」の1冊だと思うと、ちょっと…ですが
とても心地良く読める作品ですよね。続編が読みたい〜。
しっかし。四季さんでも能勢夫人の借り出し本が判りませんでしたか(涙)。

>かっこーさん

TBありがとうございます。
あ、まだ、家庭内司書に聞いてなかったわ^^;。
いざとなったら、ファンレターを出してお聞きするという手もあるわね。
ピンと来たら、私にも教えてね〜♪よろしく〜♪
comment by: 七生子 | 2005/04/18 11:25 AM
七生子さんは司書の資格を持ってらっしゃるんですね。
憧れます。
「持っていることよりも 貸していることこそ
 末端図書館のレゾン・デートル」という言葉に、
これからも大いに図書館を利用させてもらいますって思いました。
comment by: 小葉 | 2005/06/21 10:45 PM
>小葉さん

2年ばかり学校に通い直して習得しました>司書資格。
でも就職し損ねちゃったので、宝の持ち腐れ状態です〜(涙)。
しっかしいろいろと図書館&取り巻く環境も大変なようで、
やっぱり利用者側のが気楽でいいな、と最近では思ってます^^;。

私も、図書館が大好きです(*^^*)。
ようやく明日、図書館に行って来ます♪
comment by: なおこ | 2005/06/22 2:13 AM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://naoko1999.jugem.cc/trackback/378
TrackBacks:
れんげ野原のまんなかで 森谷 明子 bk1で詳しく見る 図書館トリビアに満ち溢れていて楽しかったです。 わたしはかなりの図書館ユーザーなので、こんなにプロフェッショナルな司書さんがいる図書館が地元にあったらいいなぁ、と思いました。こんな図書館だ
trackback by: コウカイニッシ。 | 2005/04/16 12:28 AM
れんげ野原のまんなかで 森谷 明子 職員の目を盗んで閉館後の図書館に居残ろうとする少年たちが次々現われた。いったい何を狙っているのか? 新米司書・文子と先輩の能勢がめぐり合う、本の旅人たちの悲喜交々の物語。 図書館が舞台っていうのだけで、ワクワクし
trackback by: 気まぐれな読書 | 2005/04/17 1:55 PM
 [amazon] [bk1] ススキ野原に囲まれた秋庭市立秋葉図書館は、立地条件があまり良くないことから、あまり利用者も多くなく、図書館職員も暇をもてあそぶ毎...
trackback by: Ciel Bleu | 2005/04/18 6:16 AM
れんげ野原のまんなかで 森谷 明子 そこでは、誰もが本の旅人になれる。のどかな図書館を彩る、季節の移り変わりとささやかな謎。 秋庭市のはずれもはずれ、ススキばかりがおいしげる斜面のど真ん中に立つ秋庭市立図書館、そこが文子の仕事場だ。無類の本好きで
trackback by: darjeeling and book | 2005/04/18 11:06 AM
若い時の小さな夢は、子どもを連れて図書館に行くことだった。それはしっかり叶ったので、いまの夢は、老後、図書館のそばに住むこと。(^^ゞというわけで、大好きな図書館が舞台のこの本、たのしく読ませてもらった♪ほんわかラブストーリー系も好みだったし。(*^_^*)
trackback by:   毎日が読書日和 | 2005/04/22 9:13 PM
れんげ野原のまんなかで 森谷 明子 東京創元社の看板シリーズである、ミステリフロンティアの1冊。 本好きというより図書館好きの方には本当によだれの出るぐらい楽しい本なのには間違いない。 内容的には北村薫や加納朋子の作品と同系等(日常のミステリ)と
trackback by: 活字中毒日記! | 2005/05/03 9:52 AM
すすき野原のなかにぽつんとたたずむ秋葉図書館を舞台に、新米司書の文子が遭遇する謎の数々。日常の謎系ミステリー。 先輩司書の日野さんと能勢さんにいろいろな本を教えてもらえる文子がとても羨ましい。 特に日野さんに本を紹介してほしい。彼女が「いい本です
trackback by: 空猫の読書 | 2005/06/08 10:24 AM
 秋庭市立秋葉図書館。今居文子はこの図書館に配属されて7ヶ月の新米職員。先輩司書は能勢と日野。ススキ野原がれんげ野原になるまでの半年間の、図書館周辺での小さな事件を描いた連作短編集。 第一話 霜降 -- 花薄、光る。図書館居残りにチャレンジする小学生たち
trackback by: 宙の本棚 | 2005/06/21 10:18 PM
れんげ野原のまんなかで森谷 明子 東京創元社 2005-03-01by G-Tools これはすごく好きなタイプの本。一応「日常の謎」のジャンルに入るミステリー短編集。私の大好きなこのジャンルは、北村薫さんという大御所がでーんといて、後から出てきた作家さんたちは、彼をどう
trackback by: IN MY BOOK by ゆうき | 2005/09/08 3:02 AM
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)