<< デュアル文庫編集部『手塚治虫COVER エロス篇』*prev
図書館へ行こう! >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

長野まゆみ『都づくし旅物語―京都・大阪・神戸の旅』

都づくし旅物語―京都・大阪・神戸の旅
都づくし旅物語―京都・大阪・神戸の旅
観光もせず、買い物もしない空白の旅。私は一冊の本を旅行鞄に入れて、かつて旅したことのある神戸へ出発した…。神戸・北野の噴水園、大阪・天満橋、京都・天竜寺…不思議な少年が誘う妖しのニッポン、懐しの三都。

この作品は、たらいまわし本のTB企画「第11回『旅』の文学!」で、
KOROPPYさんがご紹介されていた本です。ようやく読みました〜♪

今から10年ちょっと前に実施されたJR西日本の“三都物語”キャンペーンの為に
執筆されたのかな?京都・大阪・神戸を舞台にした短編集です。
前半の「古都遊覧」は、実際に長野さんが三都を旅したその紀行文なのかと
思いながら読むと、その期待は嬉しい方面に裏切られます。
いつしか現実の街角から「これぞ、長野作品!」というキーワードを散りばめた
幻想的な異界の街並みに佇んでいて、幻惑されます。
気まぐれに不思議な空間へも誘ってくれる古都が持つ妖しい力のようなものが
ひしひしと感じられて、思わずうっとり(*^^*)。

後半の「三都逍遥」は少年たちが主人公で、旧仮名遣いとルビを多用した
独特の硬質で甘美な―いかにも「長野ワールド」を堪能できます。
京都・大阪・神戸が舞台なのに…ただ同じ名称が同じなだけで
まるっきり異なる(未来の)架空の街を舞台にしているかのよう。
「古都遊覧」と「三都逍遥」、同じ三都を描きながらも
がらりと印象が異なっていて、その異なっている様子がまた面白い〜♪
この本をガイドブックにして、どちらの三都へもぶらり旅してみたいです。

収録された作品が発表された時期は1990〜93年ごろ。
…。作中の神戸と反映されているのは、震災の前の街並みなのかあ、、、。
今、長野さんが新たな三都物語を執筆されたとしたら、どんな物語になるのか。
夢想によって甘美に紡ぎだされる新しい物語を、ぜひ読んでみたいなあ。
(え?自分で実際に旅して「私の三都物語」を綴れって?…ごもっとも)

author: 七生子
作家な行(長野 まゆみ) | permalink | comments(11) | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
絶対安全少年と同じく、一粒で何度も美味しい本ですね。美味しそうなお菓子も出てくるし。不意に見知らぬところに迷い込んでみたい衝動に駆られます。
comment by: かつみ | 2007/02/12 1:23 AM
>かつみさん

いろんな手触りの作品が収録されてるのが
飽きがこなくていい感じですよね。
この本を片手に、神戸の裏路地なんぞを
ぶらついてみたい、、、と思いましたです。

もしかしてこの作品、
タイトルが変更されて、文庫になっているんでしょうか?
探さなきゃっ!
comment by: 七生子 | 2007/02/14 11:41 AM
ええ文庫化されてますよ。河出文庫から「遊覧旅行」と言うタイトルで出ています。
comment by: かつみ | 2007/02/15 11:32 PM
>かつみさん

おお。タイトルが変わって文庫化されてるんですね!
探します買います!
そうそう長野さんの新刊は『となりの姉妹』で講談社から3月刊だそうです。
待ち遠しいですね。

 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0231335
comment by: 七生子 | 2007/02/16 9:27 AM
新刊楽しみー♪ 
今日図書館で夏至祭借りてきました。黒麺麭にたっぷりの蜂蜜が美味しそう。絶対安全少年収録の雪の落とし子に出てくるプディングパンも美味しそう。長野まゆみワールドのおやつ・惣菜レシピ本なんて出ませんかねえ。出して欲しいな。絶対買う。鉱石倶楽部は出てたもんなー。
comment by: かつみ | 2007/02/18 12:19 AM
「となりの姉妹」読みました?今度は主人公の兄が妻子持ちの変わり者(笑)
想像していたのとはちょっと違ってましたが面白かった。
「白昼堂々」シリーズと「東京少年」がいずれリンクするって話もあったけど、どうなってんだろう。読みたいなあ。
comment by: かつみ | 2007/07/21 10:57 PM
>かつみさん

しばらくこちらのブログの更新をサボっていて、
大変失礼しました。

『となりの姉妹』、あんまり装幀が素敵すぎるので
購入したものの、まだ読めていません(汗)。
図書館で借りた『メルカトル』は、とっくに読んじゃったんですけどね(汗)。
面白かったですかー。
長野まゆみ読みたいモードになりつつあるので、
そう遠くないウチに読んじゃおうと思ってます。

「白昼堂々」シリーズと「東京少年」っと。メモメモ。
遅れてきたファンのいいところは、
まだまだたくさん初めて読める作品が残ってるってことですわ。
comment by: 七生子@管理人 | 2007/07/24 2:50 PM
今日、図書館でメルカトル借りてきました。
「雨更紗」も読み返し中。やっぱ好きだなあ雨更紗。
comment by: かつみ | 2007/09/01 7:53 PM
>かつみさん

ここじゃないところに、『メルカトル』の感想を置いてます。
そのうちこちらに移しますので、もし良かったら読んでやってくださいませ。

『雨更紗』!実は未読なんですよ(汗)。
『となりの姉妹』ともども(汗)。
腰を据えて、じっくり「未読の長野作品読み尽し!」に挑戦したいんですが、
なかなか実現できません(号泣)。
comment by: 七生子@管理人 | 2007/09/02 10:46 AM
メルカトル面白かったです!!これまた長野さんには珍しい??
かわいい恋物語っぽいとこがありましたね!!
最期のミロルの豹変ぶりが良かったなあ。芝居してたときのいかにも気位の高い攻撃的な少年ぶりも捨てがたいけど・・・・
おめでとう、リュス!!
読んだ後、なんか『東京少年』を思い出しました。
comment by: かつみ | 2007/09/02 9:28 PM
>かつみさん
ちょー亀レスでごめんなさい。

長野さんには珍しく可愛い恋の物語風でしたね>『メルカトル』。
ただ作品世界の雰囲気とか道具立てとか
「やっぱり長野まゆみワールドだ〜♪」と思いながら
楽しく読めました。装丁も凝ってて、素敵でしたよね。

ああ、『東京少年』、、、、まだ読めてません(滝汗)。
comment by: 七生子 | 2007/10/14 4:18 PM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://naoko1999.jugem.cc/trackback/387
TrackBacks:
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)