<< 図書館へ行こう!*prev
中島京子『イトウの恋』 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

長嶋有『泣かない女はいない』

泣かない女はいない
泣かない女はいない
ごめんねといってはいけないと思った。「ごめんね」 でも、いってしまった…。恋をめぐる心のふしぎを描く小説集。「泣かない女はいない」「センスなし」に加え、カヴァー裏に掌編「二人のデート」を収録。

描かれているのは、特別なことなどない、ごくありふれた日常の姿で。
日常を過ごす中で起こる出会いや別れといった変化に心揺れ動く女性の感情を
繊細に、でも饒舌にではなく描いているところが好ましいと思う。
収録されている2編とも主人公が多くを語らず、
言葉にできずに飲み込んでしまった思いが胸に染みてしみじみと切ない。
それゆえなのか。その後の彼女らの人生について、あれこれ想像してしまって。
じんわり心地良い余韻が、いつまでもいつまでも胸に残って後をひく。

派手なところがまるでないどちらかというと地味な小説だけど、
何度も何度も噛み締めるごとにじんわり味がでてくる不思議な小説かと。
ようやく私も、長嶋有の作風に慣れてきたのかしら?今後の作品にも期待です♪
(カバー裏のお楽しみ「二人のデート」は図書館本ゆえ読めず(号泣)。
 ぜーったいにいつか読んでやるぅ!!)
author: 七生子
作家な行(長嶋 有) | permalink | comments(1) | trackbacks(1)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
きょうなながここへ別れに期待したの?
comment by: BlogPetの「なな」 | 2005/06/17 9:49 AM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://naoko1999.jugem.cc/trackback/417
TrackBacks:
 長嶋有『泣かない女はいない』の感想をこちらにアップ。  はー、久しぶりにサイトをいじっていたらつ、疲れた…。(ー_ー;) 身から出たさびだけど。くすん。  初めての長嶋有は心地よい読み心地ながらひと味足りないような気がしないでもない。他の作品はど
trackback by: 日々のちょろいも | 2005/07/12 10:58 PM
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)