<< 浅倉卓弥『雪の夜話』*prev
図書館へ行こう! >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

上橋菜穂子『蒼路の旅人』

蒼路の旅人
蒼路の旅人
新ヨゴ皇国皇太子のチャグムは罠と知りながら、祖父トーサと共に新ヨゴの港を出港する。この船出がチャグムの人生を大きく変えていく。愛する人との別れ、そして、あらたなる出会い…。守り人・旅人シリーズ。


前作『虚空の旅人』に“新たな物語のプロローグ”を感じたけれど、、、
今作品では、新ヨゴ皇国を飲み込もうとする大いなる脅威の存在が明確になり、
物語が、世界が、きな臭い方向へと音を立てて動き出したのが分る。
相変わらず、ぢつの父親から脅威とされ疎まれ、命を狙われ続けるチャグム。
皇太子という立場と、異境の地ナユグへ思いを寄せる個としての自分との狭間で
苦悩しもがくチャグムが、故国の滅亡の危機に直面した時、どうするのか。
どうやって戦うのか、、、、、、と思ったところで、以下次号(涙)。
えー!こんなところで終わっちゃうの?すっごく続きが気になるー!ぶすぶす。
上橋さん、早く続きを読ませてください!!




バルサとの出逢いによって、皇太子らしからぬ柔軟で自由な気質の少年へと
成長したチャグム(それが帝から疎まれる原因にもなってるんだけど^^;)。
このチャグムの変化が、結果として吉となるよう祈らずにいられない。
自分の歩むべき道を選び、一人で歩みだしたチャグムにエールを!!
と云いつつ、女用心棒のバルサとチャグムの人生が再び交錯し、
二人が共にある姿を見たいと切実に願う私がいるんですけどね(苦笑)。
「旅人」シリーズはチャグムの視点から世界を見据えた物語になるそうだけど、
バルサは、このシリーズでどんな姿で再登場するのかしら?とても楽しみ。
(って、ちゃんと再登場しますよね!)

今回新しく登場したのが、ヨゴ皇国出身の謎の男ヒュウゴと、
その手下となるサンガル海賊船の<海の恵みの子>若き女頭セナ。
ヒュウゴの真意とは?
そして今後この二人が、チャグムと新ヨゴ皇国の命運にどう絡んで来るのか、
もう!目が離せません!
『神の守り人』が未読なので、これを読んでお勉強しておこうっと♪
author: 七生子
作家あ行(上橋 菜穂子) | permalink | comments(2) | trackbacks(1)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
TBありがと〜(はぁと)。
いやーホントに「ここで終わるか!?」という終わり方よね(笑)。なかなか続きが出ないシリーズなのにぃ。
バルサとの再会、わたしもぜひぜひ果たしてもらいたいわ〜。でもどんどん、道が離れている気も…(^-^;)。

そうそう、『神の守り人』はめちゃ読み応えのある作品よー!!
comment by: ちょろいも | 2005/07/29 9:42 PM
>ちょろいもさん

いや〜。記事を書こうとしたら、
ちょろいもさんが感想をアップしててビックリしちゃった!
これってシンクロニシティ?(笑)

ぢつは「『神の守り人』は今ひとつ…」と聞いていて、
じゃあ次が出たら読もうっと、、、
で、『蒼路の旅人』が発売されちゃったとさ^^;。
『蒼路の旅人』の次なる舞台はきっと…でしょうから、
やっぱり『神の守り人』は読んでおくべきよね!

しかし「こんなところで終わらせないでー!」な終わり方よね!
続きは…来年かなあ(涙)。

comment by: 七生子 | 2005/07/30 8:09 PM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://naoko1999.jugem.cc/trackback/457
TrackBacks:
 上橋菜穂子『蒼路の旅人』読了。感想はこちら。  この作品は用心棒バルサの活躍を描く「守り人シリーズ」から派生した「旅人シリーズ」の2作目なのだけれど、この2つのシリーズは非常に上質なファンタジー。このシリーズを子供の頃に読める今の子供はホントに幸
trackback by: 日々のちょろいも | 2005/07/29 9:45 PM
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)