<< 村山由佳『楽園のしっぽ』*prev
梶尾真治『波に座る男たち』 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

たらいまわし-本のTB企画「第16回 自分が食べてみたいor美味しそう!と思った食べ物が出てくる本は?」

TB16回
たらいまわし企画も、もう16回目。第16回目の主催者さまは、祝復活!
「妖精と黒薔薇の書架」のつばきさんです!
お体の具合がとても辛そうで、大丈夫かなあ大丈夫かなあ、心配してたんですが、無事気力体力ともにすっかり回復されたとのこと!めでたい!
(でも、ご無理だけはなさらないでね。過信は禁物ですよ!)
今回のお題は
「自分が食べてみたいor美味しそう!と思った食べ物が出てくる本は?」
です。
夏の間、ずっと体調を崩されていたつばきさん、
私が体調を崩して思った事は、生きる楽しみは食だ!という事でした。やっぱり食べ物が美味しくないと、つらいですね。最近は食欲も戻ってきて、思う存分食事を楽しんでいます。
それともうすぐ秋!(まだ早いけど)秋といえば食欲の秋!

ということで選ばれたお題だとか。うんうん。その気持ち、とてもよく判ります。
絶不調で「食欲ない〜食べられない〜」ヘロヘロしている時に思い浮かぶのは
「元気な時はたんと食え、びょーきの時はもっと食え」ですとも!
ということで、食べてみたいor美味しそう!と思った食べ物が出てくる作品を
思いつくままに挙げていきます。




まず思いついたのは、矢崎存美『ぶたぶたの食卓』!(感想
どう見てもぶたのぬいぐるみにしか見えない山崎ぶたぶたの料理の腕前は
とてもスゴイのです。プロまでぶたぶたお手製のチャーハンの真似するほど。
今回の作品集で作るのは、おばあちゃんの卵チャーハン、あさり料理の数々、
そしてかき氷まで!
どれもこれも美味しそうで、涎が思わずじゅるじゅるじゅる。
空腹時には、決して読めませ〜ん。
でもね、ぶたぶたの作るお料理が本当に美味しい理由は、
きっと隠し味として、思いやりと愛情が込められているからだと思うな。
   
白石公子『僕の双子の妹たち』も、強力オススメ!(感想
両親亡き後、バラバラになりそうな一家を繋ぎとめているのは、
おじいちゃん手ずからの心がこもった料理の数々。
同じテーブルを囲むことによって家族の絆って生まれるんだなあと、
実感させられます。
旬を大切にしている心がこもったおじいちゃんお手製のお料理の数々は、
お腹がぐーぐー鳴っちゃう程、美味しそう。ううう。私も食べたい〜。

畠中恵『とっても不幸な幸運』も!(感想
酒のつまみながら美味しそうなお料理がぞろぞろと登場。
一見さんお断りじゃなければなー。私がお酒呑める体質だったらなー。
ぜひとも通い詰めて強面のマスターが作る料理を奪い合って食べるのに(笑)。

米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』に登場するケーキの数々も美味しそう。
小佐内さんのケーキの食べっぷりがいいのよねえ。惚れ惚れしちゃう♪
生クリームが苦手ゆえ、あまりケーキを日常的に食さない私でも
ついついケーキバイキングに行って、たらふく食べたーい!そう思ったもの。

あと吉本ばなな『キッチン』のカツ丼とか、
森茉莉エッセイに登場するパセリを刻んだオムレツとか、
林望『イギリスはおいしい』のスコーンとか。
あ、私、実際に作りました、スコーンを。手順が載ってるページを開いて。
その通りに作ったら、ちゃーんとオオカミの口したスコーンができて
とても美味でございました。おほほほほ。

今読んでいる本が、梶尾真治『波に座る男たち』なのですが、
これが鯨肉を再び日本の食卓にあげんと奮闘する、ある特殊な職種の方々が
主人公の物語なのです。
読んでる内に、もう!鯨のお肉が食べたくなっちゃってなっちゃって!
私が子供の頃は鯨肉って普通にスーパーで売っていたし、
しょう油だれをつけて焼いたのが大好きだったのよね〜。
ああ。あの懐かしい味をもう一度!せめて物語の中だけでも!


後で思い出し、どうしても書きたい!云いたい!ので追記。

瀬尾まいこ『幸福な食卓』の手作りシュークリーム。
不恰好だけど、優しさと思いやりがいっぱいいっぱい詰っているのよね。
こんなに素敵なシュークリーム、ぜひ誰かに作って貰いたいな。

大島真寿美『香港の甘い豆腐』(感想)の豆腐花。
この作品読んで初めて、自宅で手作りできるものだと知りました。
「少女のひと夏の成長物語」という点でも好みだけど、
登場する食べ物がみな、美味しそうなのがポイント高い作品かと。
いつかはぜーったいに本場の美味しいスイーツを食べるぞぅ!じゅるじゅる。

悪趣味と云われそうだけど、高田侑『うなぎ鬼』(感想)のモツ煮こみを。
お店で供されるちゃんとしたお料理なのに、
何を材料にしているのか判らない危なさもまた、特製のスパイスなのかも。
地獄鍋のノリで、ハラハラドキドキ。ぜひ食べてみたいわ〜(笑)。

ぶたぶた日記僕の双子の妹たちイギリスはおいしい
とっても不幸な幸運春期限定いちごタルト事件波に座る男たち
author: 七生子
[たらい回し企画] | permalink | comments(20) | trackbacks(15)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
七生子さん、こんにちは。
『ぶたぶた日記』が気になりますー。
ぶたってかわいいですものね。
と思ったら、中年男なんですね(笑)
ますます気になる。
酒場好きなので『とっても不幸な幸運』も
是非、読んでみたいです。
鯨がお好きでしたら、是非、鯨のたれをお試しあれ。
http://www.rakuten.co.jp/hakudai/566706/566733/
ビーフジャーキーの鯨版という感じの干物です。
見た目はすごいんですけど、おいしいですよー。
あ、でもお酒のおつまみって感じかも…(^^;
comment by: LIN | 2005/08/26 6:54 PM
ぶたぶたのチャーハンも美味しそうだったし、
あの料理教室のあさり尽くしは、ほんと食べたかったです…!
ぶたぶたの作ってくれたお料理をぶたぶたと一緒に食べたい〜。
料理するとこもじっと見ていたい〜。
「とっても不幸な幸運」のあのバーは、ちょっと怖いけど
でも美味しそうでしたよねー!
普通のお客として行くのはちょっとキツそうなので
店長の娘としてでももぐり込めたら… って無理?(笑)
「春期限定〜」は、夏期限定も出るのかな? 何になるのかな?
気になりますね♪
あ、でも甘いものはあまり… なので(七生子さん同様生クリームが!)
完全に傍観者として読んでました、私。(^^ゞ

「僕の双子の妹たち」は、ずっと前から気になってるんですけど
なかなか読めないまま…
強力オススメだなんて、今度こそ読まなくちゃ!
comment by: 四季 | 2005/08/26 8:02 PM
七生子さん、こんばんは!

最近米澤さんが『犬はどこだ』という本を出されて犬好きな私は読みたいと思っているのですが、この『春期限定いちごタルト事件』カワイイ表紙で雰囲気が違うので驚きました。『犬はどこだ』は単行本なのでまずは文庫の『春期限定いちごタルト事件』から読んでみようかなと思いました!
しかもこの本にはケーキがたくさん登場するのですか!それは楽しみです♪実は私も七生子さん同様生クリームが得意ではないのですが、ケーキってたまに無性に食べたくなるんです!

あと『キッチン』はかなり昔に読んで記憶があいまいになってしまっているのですが、カツ丼だけは記憶に残ってます。再読してみようかな♪
comment by: みらくる | 2005/08/26 9:56 PM
『ぶたぶたの食卓』は積んだままですが、
器用なぶたぶたさんなら、料理の手際もよさそう。
そういえば、フランス料理のシェフだったり、
定職屋で働いていたこともありましたもんね。
白石公子さんって、詩人でよくエッセイ書いてる人ですよね?
普通の小説も書いてたとは知りませんでした。
『春期限定いちごタルト事件』は、
読了後、どうしてもいちごタルトが食べたくなって、
ケーキ屋さんに走っちゃった(^^ゞ
comment by: sa-ki | 2005/08/26 10:52 PM
>LINさん

山崎ぶたぶたの物語、強力オススメですよ〜。
「〜食卓」だけじゃなく他の作品でも、見事な料理の腕前をふるってるんですよ。
『ぶたぶたの食卓』だけじゃなく、シリーズぜーんぶこの機会にいかがです?
ちょっとした心のオアシスなんですよね、ぶたぶたって。

鯨のたれ!まあ!そんな美味しそうなモノがあるんですねー!
ご紹介いただき、多謝多謝多謝!
さっそくチェック&メモさせていただきました。
呑めないクセに酒のつまみは大好物なんですよ。
烏龍茶ちびちび飲みながら、ぜひぜひ鯨のたれを食してみたいです♪

>四季さん

あのチャーハン!美味しそうでしたよね!
読み終えた日の夜、思わずチャーハンを作ってしまったけど、
鉄のフライパンじゃなかったので、あの味は再現できず。残念。
ほぉんと、一度ぜひ我が家に遊びに来てもらって
お料理を作って作って作って、そして一緒に食べてみたい〜!
どんな風に作るのか、その姿をじーーーっと見つめてみたいです(笑)。

「とっても不幸な幸運」のあのバーは、ちょっぴり排他的なのがネックですね。
それさえなければ、、、。
ぜひ店長お手製の料理を奪い合って食べてみたいのに。

「春期限定〜」の続編は、やっぱり「夏期限定〜」でしょう(笑)。
わ。四季さんも生クリームが苦手でしたか!お仲間発見!(嬉)
でも読んでる最中は、自分が生クリームが苦手なことを
綺麗さっぱり忘れ去り「た、食べたい〜私なら全部ッ!」叫んでました(笑)。

取りたてて起伏のある話ではないんですが、
しみじみといいのですよね>『僕の双子の妹たち』。
四季さんもぜひぜひ!おじいちゃんお手製の料理が美味しそうなんですよ
comment by: 七生子 | 2005/08/27 11:18 AM
TBさせていただきました。

さて『ぶたぶたの食卓』美味しそうでしたよね〜。
特にチャーハンは食べてみたくなりましたヨ。
『とっても不幸な幸運』はつい先日読了したところです。
とても入る度胸はありませんが、あの料理達はひかれるものがありました。
ぶたぶたの料理も、あの強面のマスターの料理も確かに愛情がいっぱい入ってそうです。
料理はやはり愛なのかも…。
comment by: むつぞー | 2005/08/27 11:30 AM
>みらくるさん

みらくるさん、こんにちは。
まだ『犬はどこだ』も『さよなら妖精』も『クドリャフカの順番』も読んでない
米澤ファンの七生子です(滂沱)。
『春期限定いちごタルト事件』は、ちょっぴりコミカル&影がある青春小説かな。
米澤さんの独特のユーモアが大好きなのです♪
読みやすいのでサクサク読めちゃうと思います。ぜひぜひ!
(主人公の片割れ小佐内さんが、ケーキ好きなんですよ。
ケーキ好きがこうじて事件に巻き込まれちゃうんですが、、、その先は内緒/笑)
みらくるさんも生クリームが苦手ですか!(嬉)
女性で生クリームが苦手だと、肩身が狭くないですか?

私も、『キッチン』で覚えているのはカツ丼のシーンだけですぅ(ベシッ)。
確かみかげちゃんはお料理教室の助手なんですよね。
なのにお料理シーンを何一つ、覚えてないのでした〜(大汗)。

>sa-kiさん

え!積んでるんですか!早く読みましょうよ!(笑)>『ぶたぶたの食卓』。
「〜食卓」とタイトルにあるように、食べ物にまつわる作品ばかり。
ちっちゃいぬいなのが嘘みたいに、ぶたぶたったらスゴイ腕前なんですよ!
フランス料理のシェフは、確か『ぶたぶた』でしたっけ?
(味覚だか嗅覚だかがおかしくなってしまったシェフで登場してましたよね?)

> 白石公子さんって、詩人でよくエッセイ書いてる人ですよね?
 そうで〜す。
 詩は残念ながら読んだことはないのですが、20代後半の微妙なお年頃に
 エッセイではたくさんたくさんお世話になりました。
 私も「え!?小説も!?」驚いたのですが、とても素敵な物語でしたよん。

やっぱり読み終えた後、食べたくなりますよね〜>『春期限定いちごタルト事件』。
生クリームが苦手な人間でも、思わず走りたくなりましたもん。
続編では、どんな季節
comment by: 七生子 | 2005/08/27 11:38 AM
むつぞーさん、こんにちは。TBありがとうございました♪

今まで、ぶたぶたの物語にはぜひとも食べたい料理の数々が登場してましたが、
この『ぶたぶたの食卓』はその極めつけみたいな作品集でしたよね!
ぶたぶたが作るだけで、ありふれた料理がみんな、どれも美味しそうなんですもん。
私もチャーハンが食べてみたいです!
レシピ通りに私が作ったとしても、同じ味にはならないような気がするんですよね。

香菜里屋とは、またちょっと違いますよね>『とっても不幸な幸運』のお店。
入る度胸がないのは私も一緒(握手)。
もう少し、フレンドリーならいいんですけどねえ^^;。

料理は愛。
その言葉をしっかと心に刻み付けて三度の食事を用意したいと思います、はい^^;。

comment by: 七生子 | 2005/08/27 12:28 PM
ぶたぶた、とても面白そうです。
この作者の人って、デビューは八十年代なのに、ほとんどぶたぶたが主著なんですね。ぶたぶた専ですね(;・∀・)
出てくる料理、作れそうなら、ぜひ作ってみたいです!

梶尾真治「波に座る男たち」。
捕鯨とは、意表を突く題材!
考えてみると、「男たち」と、梶尾さんと、置かれてる状況がビミョーにシンクロしてるのかも。
梶尾真治という作家は、きっとほんとは、コアなSFを書きたいのじゃないでしょうか。
でも、マニアックなSFなんて、鯨とりと同じで、もはや許されないもの(笑)
「黄泉がえり」がヒットしたから、きっと「泣きもの」ばっかり書かされてるにちがいない、梶尾真治。
彼もまた、戦いたいのかもしれませんヽ(´ー`)ノ
comment by: overQ | 2005/08/27 6:38 PM
>overQさん

私も教えてもらうまで「ぶたぶた」の存在を知りませんでした(汗)。
でも、一旦読んだら、その不思議なぶたぶたの魅力の虜になってしまうんですよー。
overQさんもぜひ!
レシピは載ってないけど、作ろうとしたら作れそうですよん。

「梶尾真治=戦う男」とは!
おぉ!そういう見方もできるのかと、目ウロコした気分です!
きっと、国書刊行会や早川などを中心にSFがまたブームになりつつあるのに、
書きたいものを書かせて貰えない鬱屈が捕鯨の物語になったんですね!(笑)
ブラボー!素晴らしい!
overQさんの慧眼には、いっつも惚れ惚れしちゃいます(*^^*)。

comment by: 七生子 | 2005/08/28 9:33 AM
七生子さん、こんばんは〜。
日々のお料理がマンネリ化しつつあるワルツです。。。
七生子さんは小さいお子さんがおられて大変なのに、頑張っておられますねー。見習いたいです。
>私も『ぶたぶたの食卓』のおススメにくら〜っと来ました。
すごく愛を感じるような・・、美味しそうです。
プロも参考にしてるチャーハンってすごいですね。
私、チャーハンは結構こだわり持って作ってるので、是非、この本読んで、更なるパワーーアップを図りたいですーーー!(^^♪へへ
comment by: ワルツ | 2005/08/28 10:01 PM
>ワルツさん

もう、、、最近の私なんて料理への情熱なんか消え失せて
いかに時間をかけずにそこそこ美味しいものを並べるか、、、
いわば、手抜き料理のオンパレードばっかりですよ!
私こそ、美味しいお料理が登場する本を読み、食い気先行で、
やる気を出さなくちゃ!って思います。

『ぶたぶたの食卓』、いいですよ、オススメです。
ただシリーズものの最新作なので、
何作か読まないといけないのがネックなんですが。
読み終えた日の晩に、食べたくて食べたくて
さっそくチャーハンを作りましたよ!恐るべし、ぶたぶた!(笑)
ぜひぜひ美味しいチャーハンを作ってくださいませ!
(鉄製のフライパンが必要なんですよね。その時点で負けちゃいました/涙)
comment by: 七生子 | 2005/08/28 11:47 PM
七生子さん、こんばんは。
ぶたぶたの食卓、いいですよね。というか
私もあげようかなと思っていました^^
読んだあとむしょうにチャーハンが食べたくなりました(笑)
「とっても不幸な幸運」は読んだこと無いんですが
(畠中さんは「しゃばけ」のみ読了)
入りにくい雰囲気のバーなんですか。もったいない(^^;;
でもこれ読んでみたくなりましたので。近々読んでみようと思います。
comment by: 瑛里 | 2005/08/29 1:10 AM
>瑛里さん

わ。ゴメンなさい。
『ぶたぶたの食卓』はきっと挙げる方がいらっしゃるだろうから
早く&先に云っちゃえ!で、とっとと挙げちゃいました。
今回も、空腹時に読むのが辛いお話でしたよね!
チャーハン!読んだその日の晩に私、作りましたよ!(笑)
テフロンのフライパンでぶたぶたのチャーハンにならずに
本当に残念でした(涙)。

現代を舞台にした小説よりも、
「しゃばけ」シリーズのが大好き&いいと思うんですが(新作、出ましたね!)、
常連客が奪い合うマスターの手料理が美味しそうなんです>「とっても〜」。
瑛里さんもぜひぜひ!
読んでお腹をいっそう空かせてください(笑)。
comment by: 七生子 | 2005/08/29 10:50 AM
わあ、美味しそうな本が並んでる!
読むと食べたくなるのが問題ですね。
お昼時には読んではいけない本(笑)
七生子さんのエントリーを読むだけでお腹空いて来ちゃった(^^ゞ
comment by: NARU | 2005/08/29 11:12 AM
>NARUさん

みなさんのエントリを回って読んでると、
それだけでお腹がぐーぐー空いてきちゃいますね(笑)。
これから恐怖の食欲の秋なのにぃ!
ダイエットしなきゃ!と思いつつ、みなさんオススメの食欲本を読んでは、
気になった料理を作っては食べるという嬉し&恐怖の秋が
これから巡ってきそうな予感がします。きゃー(嬉しい悲鳴/笑)。

私もNARUさんのオススメ本を拝見して、お腹空かせちゃいましたよ(笑)。
comment by: 七生子 | 2005/08/29 11:43 AM
七生子さん、お願いです。
「ぶたぶたの食卓」シリーズの順番を教えてください〜
是非読みたいのです〜順番がいまいちわからないのです〜

「春期限定いちごタルト事件」もとっとと読むと決めました。積んでるので。
comment by: ざれこ | 2005/08/30 11:53 PM
>ざれこさん

私もオススメされて、この「ぶたぶた」の物語を知ったんですよ。
布教してくれた人物によると、最初のデュアル文庫版は、

『ぶたぶた』→『刑事ぶたぶた』→『ぶたぶたの休日』。

の刊行順に読むのがいいのだとか。
(“『刑事〜』が長編で、他は連作短編集。完成度の点では『刑事〜』が一番”だそう)
最初に『刑事〜』を読んでも可だけど、『〜休日』は『刑事〜』の後に読んだ方がベターですって。
『クリスマスのぶたぶた』とか、品切れ絶版になっている作品もありますが、
頑張って探して読んでくださいませ。
本当にぶたぶたって、思わずぎゅぎゅぎゅーーって
抱き締めたくなる程、可愛いんですよん。
声はおやぢですが(笑)。

「春期限定いちごタルト事件」もぜひ!って、
私は『さよなら妖精』を読まなくっちゃ!!
comment by: 七生子 | 2005/09/01 10:52 AM
七生子さん、こんばんは。

春季限定いちごタルト事件!私も読まなくては。
積読なのですよー。
「さよなら妖精」は、ご本指にはいるぐらい素敵な本でしたので、とてもお薦めですよ。

それと「ぶたぶた」は、デュアル文庫の時から気になりつつ読めていません…。
ブタが出てくる話なのかなぁと思っていたのだけれど美味しい食べ物も出てくるのですね!
図書館で探してみますー♪
comment by: つばき | 2005/09/03 7:45 PM
>つばきさん

読みたいと思いつつ私は、まだ『さよなら妖精』を読んでないんですよ(涙)。
米澤さんの「古典部」シリーズ最新刊を最近読んで
読みたい気持ちがつのっているので、今月中には読みたいです♪
スイーツ好きにはたまらないミステリかもしれません>『春期限定〜』。
私からはこの作品がオススメです(笑)。

「ぶたぶた」を読んだら、ぜーったいにつばきさんったらハマると思う!
可愛いし、お腹が空いてきちゃうお話なんです!
ぜひぜひぜひ♪(ぶたぶたのぬいぐるみも買えるんですよ〜)
comment by: 七生子 | 2005/09/03 11:21 PM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://naoko1999.jugem.cc/trackback/486
TrackBacks:
たら本です。 今回の主催者は「妖精と黒薔薇の書架」さん。 前回、体調を崩されて
trackback by: やっぱり本が好き〜LINの読書日記〜 | 2005/08/26 6:44 PM
今回のお題は、「美味しそうな食べ物が出てくる本は?」とのこと。日中はまだまだ暑くても、夜はだんだんと過ごしやすくなってきてますよね。鈴虫やこおろぎも鳴いてるし、...
trackback by: Ciel Bleu | 2005/08/26 8:13 PM
第16回のたら本の主催者は妖精と黒薔薇の書架のつばきさんです。 そしてお題は「美味しそうな食べ物が出てくる本は?」! だんだんと涼しくなり過ごしやすくなってきた今日この頃にまさにピッタリなお題です♪ ところで、以前本好きPeopleのTB企画「食欲の秋? おいしそ
trackback by: あいらブックス! | 2005/08/26 9:18 PM
第16回のたらいまわし企画、お題はつばきさんです。もう体調は良いのでしょうか?無理しないでくださいね〜。 さて、おいしそうな本、といえば一番最初に思いついたのは七生子さんもちょろっと触れているけれども キッチン吉本 ばなな 角川書店 1998-06by G-Tools
trackback by: コウカイニッシ。 | 2005/08/26 9:19 PM
たらいまわし、第16回は、妖精と黒薔薇の書架のつばきさん主催。お題は、「自分が食べてみたいor美味しそう!と思った食べ物が出てくる本は?」 つばきさん、元気になられてよかったです! やっぱり、ばくぱく食べるのが、健康、そして幸せ。 そんなわけで、今回は、
trackback by: AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログ☆ | 2005/08/26 9:23 PM
たらいまわし第16回の主催者様は、スライド登板となりました妖精と黒薔薇の書架のつばきさんです。お元気になられて本当に良かったです(^^) 早速ですが、今回のお題は「自分が食べてみたいor美味しそう!と...
trackback by: Breezy days | 2005/08/26 10:40 PM
さて二回目の参加となる今回のたらいまわし企画。今回の主催は、妖精と黒薔薇の書架のつばきさんで、テーマはこれ! さて、私が体調を崩して思った事は、生きる楽しみは食だ!という事でした。 やっぱり食べ物が美味しくないと、つらいですね。 最近は食欲も戻ってき
trackback by: 柊舎の書庫 | 2005/08/27 11:21 AM
妖精と黒薔薇の書架さん。「自分が食べてみたいor美味しそう!と思った食べ物が出てくる本は?」とのこと。料理や食事の描写がすばらしくておなかがすいちゃう小説や詩はいっぱいある。それはこれまでに食べたことのある「あの味」が記憶からよみがえってくるということ
trackback by: SukuSukuPu-san | 2005/08/27 11:46 AM
たらいまわし・本のTB企画第16回はつばきさんからのお題で、 『 美味しそうな食べ物が出てくる本は?』です。 つばきさん、もう御身体はよろしいのでしょうか?呉々も無理されませんようにね。私も食べ物の話題がとっても好きで、好き嫌い0を誇ってきただけに、最
trackback by: ◆ ワルツの「うたかた日記」 ◆ | 2005/08/28 10:02 PM
TBによる本の紹介、『たらい回し企画』。 今回のお題は、妖精と黒薔薇の書架つば
trackback by: CharingCrossRoad04番地 | 2005/08/29 1:02 AM
主催者たらいまわし方式でお送りする本のTB企画第16回は、妖精と黒薔薇の書架のつばきさん主催で「美味しそうな食べ物が出てくる本は?」です。 もうじき秋。食欲の...
trackback by: 猫派の読書空間 | 2005/08/29 1:25 AM
 やってまいりました、たらいまわし企画。前回体調が悪く、お休みだった妖精と黒薔薇の書架のつばきさんからのお題です。 さて、私が体調を崩して思った事は、生きる楽しみは食だ!という事でした。やっぱり食べ物が美味しくないと、つらいですね。 最近は食欲も戻
trackback by: darjeeling and book | 2005/08/29 1:13 PM
たらいまわし企画、今回のお題は「美味しそうな食べ物がでてくる本」 妖精と黒薔薇の書架のつばきさんが体調回復され、出されたお題。 さて、私が体調を崩して思った事は、生きる楽しみは食だ!という事でした。やっぱり食べ物が美味しくないと、つらいですね。 最
trackback by: 本を読む女。改訂版 | 2005/08/30 11:42 PM
前回は、私の主催のはずだったのですが、体調を崩してしまってピンチヒッターの
trackback by: 妖精と黒薔薇の書架 | 2005/09/03 7:43 PM
いつの間にか夏の暑さは通り過ぎ、気が付くとすっかり『秋』と呼べる季節。 そんな秋の夜長に響き渡る「リィーン、リィーン」という鈴のような澄み切った鳴き声。 日本古来より俳句や詩に読まれてきた『鈴虫』の鳴き声は、まさに秋の代名詞。 私は鈴虫の鳴き声を聞く
trackback by: 【鈴虫】鈴虫(スズムシ)の飼い方・育て方 | 2006/10/22 11:18 PM
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)