<< 劇団ひとり『陰日向に咲く』*prev
橋本紡『流れ星が消えないうちに』 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

平山瑞穂『忘れないと誓ったぼくがいた』

忘れないと誓ったぼくがいた
忘れないと誓ったぼくがいた平山 瑞穂
新潮社 2006-02-20
売り上げランキング :
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界中が君を忘れてしまっても、僕だけは君を憶えてる!――時の裂け目に消えゆく少女と、運命をも変えようと必死にもがく少年。激しく、切ない恋愛小説。

日本ファンタジーノベル大賞受賞作家である平山瑞穂さんの最新作、読み終わり。
ファンタジー(SF?)の設定を使ってはいるものの、ド真ん中直球の恋愛小説でした。
文章書くのが上手いよなあと、最初から最後まで感心させられ唸らされたけども、
でもねえ、、、話が、、、(苦笑)。
大好きなあずさが、存在ばかりか、僕の記憶からも「消えて」しまう。
なんとかならないものかと懸命に奮闘するタカシの姿を描いた
「ボーイ ミーツ ガール」の切ない青春恋愛小説。

恋してる人間にとっちゃ、最初で最後の大切な恋で必死なのかもしれないけど、
SFなんかじゃよくある話だし、せかちゅーのアレンジした焼き直しみたいだし、
松尾由美『雨恋』みたいでもあるし、題材に目新しさがまるでなし。
奮闘するタカシも「たぶんそうするんだろうな」と思った通りに行動してくれるし、
「強がってはいるものの、あずさって実のところ、「消えて」しまうことについて
どう思っているんだろう。じつは××××××だったりして。」
あずさも、思った通りに行動してくれる(苦笑)。
想定の範囲内の物語で、意外性からくる驚きがまるでないのが、ツマンナイ。
そんな話を、最後まで飽きさせず読ませてしまう文章力、勢いは確かにある。
でも、なーんか、少年漫画誌に載ってる恋愛漫画を活字で読んでるみたいなのよねー。
(桂正和あたりに漫画化してもらい、も少しドラマティックに
盛り上げて貰ったら、泣けるかもしれない。)
素直に主人公タカシの哀しみに気持ちを重ねられない、感情移入できない。
ガラス越しに主人公らの切なくも哀しい恋愛を、眺めているかのようでした。

共鳴できる人が読んだら、感情を揺さぶられまくって感激しちゃう話なのかもしれないけど、
私にはあんまり(苦笑)。残念ながら私、この作品には、選ばれなかったようです。
可哀相で切ない話だな、とは思うんですけどね。
(うるうるもしなかったし、一滴たりとも涙をこぼしませんでしたとも。
誰だって、大切な人がいなくなり、「記憶からすぱっと消えて」しまわないまでも、
時間の経過と共に、存在の記憶が薄れてしまうことは、辛く悲しいことなんです!)
二人の出会いのエピソードのアレが、後半に思わぬ使われ方をして、驚きましたけどね。
(この本、表紙がいいですね。女の子の顔が見えそうで見えない、、、)

この話はイマイチだったけど(上手いけど…好みじゃない)、
平山瑞穂という作家がいいと判っただけでも大収穫。
積みっぱなしの『ラス・マンチャス通信』も、早く読まなきゃね。
author: 七生子
ジャンル別(SF&ホラー&FT) | permalink | comments(4) | trackbacks(2)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
こんばんは。
先日お邪魔したtouch3442です。
ぼくも1週間ほど前にこの本を読みました。
勧めてくれる人がいたからですが、読み終えても、少しも心が動きませんでした。
いくら他の人には、面白くても、自分には合わない本もあると理解はしています。それでも七生子さんのレビューを見て、ここにもお仲間がいたとちょっぴりホッとしました。
comment by: touch3442 | 2006/05/09 12:23 AM
>touch3442さん

こんにちはー。心強いメッセージをありがとうございました(笑)。
読了した後にネットをあちこち彷徨って
この作品の感想を読んで読んで読みまくったんですが、、、

「うへ?泣いたの?そんなに良かった?(驚)」

絶賛する感想ばかりで、少々寂しく思っていたんですよ(握手握手)。

せっかくなんだもん。
読んだ本すべてで感動したい、胸を打ち鳴らしたいと願ってはいるものの、
どうしても「不幸にも選ばれなかった本」というのは存在しますよねー。
少数派でも、胸を張って強く生きて(?)行きましょ〜。
次に読む本が、イチオシの感動本になりますように。お互いに!
comment by: | 2006/05/09 10:36 AM
七生子さん、こんにちは ^^
七生子さん的にはいまいちでしたか。
この手の作品は、世界観に入り込めるかどうかで評価が
決まってしまうのかもしれませんね。
わたしはこの作品は比較的よかったと思いましたが、
泣きはしませんでした。
よくある切ない話の中でも、激しく心揺さぶられるものとそうでない
ものがあると、その境目はどこにあるのだろうと思ってしまいます。
comment by: tamayuraxx | 2006/06/15 7:29 PM
>tamayuraxxさん

こんにちはー♪コメントありがとうございます。

はい。イマイチでした(苦笑)。
文章の巧さは実感したものの、
作品の設定のツメが甘いような気がしてしまって。
目についてしまった欠点を「どーでもいいわ!」
気にせずにハマれれば良かったんですけど。
(TBしてくださったtouch3442さんの感想を読んで
「ああ。それはあるかも」と思ってしまいました。
tamayuraxxさんも、良かったらどうぞ。)

今月中には中山可穂さんの新作を読んで
魂を揺さぶられる予定なんですが(笑)、
揺さぶられながら、そうでないものとの境目について
よくよく考えてみたいと思います。
comment by: 七生子 | 2006/06/17 12:41 PM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://naoko1999.jugem.cc/trackback/709
TrackBacks:
忘れないと誓ったぼくがいた  下の娘の体調がすぐれないため、昨日、今日と自宅待機でした。と言いながら、親子4人でマンガ喫茶には出かけました。TVドラマになった『クロサギ』を2冊、『くいタン』を1冊、『二十世紀少年』を1冊、読んできました。(『クロサギ
trackback by: 生きることにも心急き、感ずることも急がるる… | 2006/05/09 12:16 AM
忘れないと誓ったぼくがいた 平山 瑞穂 / 新潮社高校生のタカシはメガネを買いに行ったお店で、あずさという ひとりのアルバイトの女の子と出会う。 後にあずさはタカシと同じ高校の生徒だと判明。 次第に気になる存在になってゆく。 しかし、あずさの身には奇妙
trackback by: Four Seasons | 2006/06/15 7:17 PM
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)