<< 気になり本、チェック!!(追加あり)*prev
豊島ミホ『陽の子雨の子』 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

豊島ミホ『夜の朝顔』

夜の朝顔
夜の朝顔豊島 ミホ
集英社 2006-04
売り上げランキング : 4205
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クラスメイトとの微妙な距離感、となり町での発見、垣間見るオトナの事情…。小学生センリが初めて知る不安、痛み、恋。新しい発見に満ちた濃密な日々のなか、ゆっくりとオトナになる少女を描いた連作集。

わわわ!すごくいいですね、この連作集。まるで豊島ミホ版『永遠の出口』って感じ。
物語の舞台となるのは、さほど昔でもなく、海沿いのとある田舎町だけど、
主人公センリの小学1年生から小学6年生までの6年間を描いた連作集の
それぞれのエピソードを読んでいる内に、見事なまでにセンリに共感。
そして心の奥底に沈んでいた、忘れてしまいたい、でも忘れられない
小学生の頃の自分を引っ張り出してきて、ほろ苦く反芻してしまいます。
ふとした時のセンリの感情の揺れが、
怖いほど繊細かつ丁寧にすくい上げて描かれているから、
「よくこんな感情まで覚えてる!でも、これは大人になってからの目線だよね」
感嘆しながらも意地悪く思ったりしちゃうんですが、
幼い頃から、疑問を抱くまでもなくずーーーーっと一緒にいた女の子達に
ふとした拍子に違和感を抱き、ついには訣別しちゃうところなんぞ、
「それそれ!私にもあったよ!すんごくよく判る!」
共感の嵐(笑)。
自我が芽生え始めた思春期の女の子のそういう複雑な感情を描写するのが、
すごく巧いんですよね、豊島ミホさんて。
ほろ苦さ満点の擬似初恋に、淡い初恋のエピソードもいいなあ。
気になる、でも嫌なヤツだった男子への「好き」という感情に気づくところと、
そしてセンリが自分が「女」であることに目覚めるところとが、
絶妙に絡み合っているところが、とても好き。
そうそう小学校の6年間て、女の子を少女へ、そして恋する女へと変容させてしまう
激動の6年間なのでした。

年齢を重ねるごとに、センリが感じる違和感や居たたまれなさが増えていって
「判る!」と思いながらも、無邪気なままでいられないのが切なくてほろ苦くて。
やっぱりセンリは豊島ミホさんがモデルなのかしら?
そんな裏読みをふとしたくなるけどこの作品、 とても良かったです。
読む人の世代を問わず、共感を呼ぶ作品なんじゃないかしら。
author: 七生子
作家た行(豊島 ミホ) | permalink | comments(5) | trackbacks(6)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
七生子さん、こんにちは ^^
この本はほろ苦い懐かしさと共に読了・・・。
わたしは豊島さんみたいに遠足の行き先を全部覚えて
いたりする記憶力は持ち合わせていないのですが、
それでも懐かしさを掻きたてられる部分はありました。

「永遠の出口」は以前から読んでみたいと思っていましたが、
まだ読んでいないので今度こそと思っています。
comment by: tamayuraxx | 2006/09/02 3:49 PM
>tamayuraxxさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

某人曰く、まだ20代前半のミホさんにとって小学生時代は、
まだまだ振り返るのが辛くない時間だ、とのこと。
抜群の記憶力の良さもあるんでしょうが、
記憶の奥底に押し込めたほろ苦い郷愁を
かきたててくれますよね。

「永遠の出口」は、もろストライクゾーンでした。
絵都さんとほとんど同世代なので。
文庫にもなったことだし、再読してみようかなと思ったりもします。
comment by: 七生子 | 2006/09/04 11:14 AM
七生子さん、こんばんわ。
女友達と決別しちゃうところとか、玩具にされてる男子に対する感情のいたたまれなさとか、
わかるー!どころか、昔のクラスメートがそのまんま思い浮かんできさえしました。
美しい記憶とは別バージョンの記憶が甦ってきて、ちょっとたじろぎましたが、すごく好きです。
comment by: june | 2006/09/18 10:19 PM
>juneさん

こんにちはー。コメントありがとうございます。

うんうん。私もjuneさん同様、共感の嵐でしたよ。
胸の奥底にしまいこんで封印したはずの記憶まで
蘇ってきちゃって、身悶えするほど困ったのも一緒です(苦笑)。

豊島ミホさん、作品を発表するごとに巧くなりますよね。
積んでる『エバーグリーン』も早く読まねば!と思ってます。
comment by: 七生子 | 2006/09/20 11:41 AM
う〜ん、大人の視線なのかなぁ?ぼくはぎゃくに、あの頃のもどかしい思いを、大人の言葉でなく、もどかしいまま言葉足らずに綴った作品だと思ったのですが・・。
それを共感とはいえないのですが、うなづく自分がいました。
もっともこれは「少女の小説」、男性のぼくがきちんと理解、共感できるとは思えないと感じたののもまた事実でした。
comment by: すの | 2006/10/27 7:42 PM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://naoko1999.jugem.cc/trackback/754
TrackBacks:
夜の朝顔豊島 ミホ / 集英社(2006/04)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <ランドセルを背負った気分で読んで欲しい作品。“優しさ”や“感受性”という教科書が入っています> 『陽の子雨の子』に続く
trackback by: 活字中毒日記! | 2006/06/27 11:50 PM
夜の朝顔 豊島 ミホ / 集英社田舎の町に住むセンリという女の子の、小学校1年生から6年生までの 出来事を書いた連作短編集。短編7本で構成されています。 他愛もない出来事を扱ったエピソードもあれば、背景に重い テーマのある作品もあったという感じ。 そして
trackback by: Four Seasons | 2006/09/02 3:39 PM
夜の朝顔 「人生で一番長い6年 小学生センリが初めて知る、不安、痛み、憧れ、恋。なんにもない田舎で暮らす小学生センリ。でも気になることは山ほどある。」 と、帯にあるのを見て、小学生時代のこと、いじめとか友達との関係で悩んだりしたことや初恋なんかを、
trackback by: 本のある生活 | 2006/09/18 10:27 PM
夜の朝顔 豊島 ミホ 集英社 2006-04 なんにもない田舎で暮す、センリという小学生の6年間を追った短編集。喘息の妹への複雑な思い。いじめられっこだったり、女王様だったり、親友だったりするクラスメイトたちとの微妙な距離感。好きな先生への思い。そして初恋
trackback by: 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/09/21 2:16 PM
「夜の朝顔」豊島ミホ(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、短編、連作短編集、少女、小学校生活 ※あらすじあり。未読者は注意願います。 田舎の町に住むセンリという少女の小学校1年から小学校6年までの生活を描く作品。それぞれの学年ごとに切り取
trackback by: 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/10/27 5:46 PM
夜の朝顔 # 出版社: 集英社 (2006/04) # ISBN-10: 4087748065 評価:80点 神田川デイズが面白かったので、早速図書館で豊島ミホを借りてきた。 今思ったのだが、ペンネームだとすれば「トシマ」という音の苗字を選ぶというのもなかなかのセンスだな。 このま
trackback by: デコ親父はいつも減量中 | 2008/09/16 12:06 AM
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)