<< 宇月原晴明『安徳天皇漂海記』*prev
森絵都『風に舞いあがるビニールシート』 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

星野夏『あおぞら』

あおぞら
あおぞら星野 夏

ポプラ社 2005-10

売り上げランキング : 5018

おすすめ平均 star

starくだらん。

star近年稀に見る超低級小説・・・

starはじめてこんなに泣きました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


裏切り、レイプ事件、恋人の死……。絶望を乗りこえた18歳・ある女の子の実話!


まえがきを読んで初めて、別の本と勘違いしていた自分に気がつく(汗)。

これ、作者の言葉を信じるならば、小説じゃなくて手記なんですよね。

もしこの内容が事実ならば、真実だけが持つ力によって、

ある人の胸には強く響き、同様な体験に苦しみもがく人の勇気になり、

時には強く励まされたりするんでしょうが、残念ながら、

今の私にはまったく必要のない本でした。読んで激しく後悔。

信じていた人間に裏切られて、レイプ事件、その後の転落。

そんな自分のすべてを受け止め愛してくれる大切な恋人の出現、そしてその死。

「まだ若いのに、波風立ちまくりの大変な人生を送ってきたのね」

それはよく判るんだけど、この手記というスタイルが、非常に読み難くて。

拙い文章だっていうのもあるんでしょうが、「私」が強く全面に出すぎていて

恋人の事故の詳細すら語られないのには参りました。

(この恋人もな。高校生でタバコと酒が大好きって、同情できんぞ/汗)



この作品のキモは「絶望を乗りこえた」だと思うんですが、いかんせんページが少なすぎる。

じっくり書き込むべきところなんじゃないかと思うんですけどね。

「同級生が(ちょっと)優しくしてくれた」「追悼ライブが盛り上がった」が

「絶望を乗りこえた」なのかしら。

私にはなんだか薄っぺらく思えてしまうんですが。気持ちは判るんですけどね。



届くべき人の元に、この本が届きますように。

そして今の夏さんが、幸せでありますように。

でもね、結局は時間が哀しみを癒してくれるし、

自分自身の力で立ち直らなくちゃいけないんですよ、、、。
author: 七生子
ジャンル別(エッセイ&評論&その他) | permalink | comments(1) | trackbacks(2)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
こんにちわ♪

うちは京都に住んでいるメッちゃ明るい14歳の女の子です☆★

でもこんなうちでも今まで苦しくて死にたいとおもったことがあります。
小学校5年生の時めちゃめちゃ仲良かった子にいきなり無視をされました。理由は彼女の好きな人がうちに告白をしたからです。
それからは地獄の日々が始まりました。

学校に行ったら毎日机に死ねとかブサイクとか書かれてて消しても消しても書かれて教師に言っても『お前が悪いからや』とうちの言い分を少しも聞いてくれなくて親もうちに興味がなくお姉ちゃんばっかりだったから言っても聞く耳持たずってかんじやった。

苦しすぎて、誰も話を聞いてくれなくて苦しかった。
リストカットもたくさんして死にたくても死にきれなかった。
でも青空を読んで勇気ずけられてうちは変わりました。
中学は転校して、めちゃめちゃいい友達もできてうちの小学生のころからの話を真剣に聞いてくれて、勇気を出してリストカットの事も全て話しても友達でいてくれるこがいっぱいできた。
彼氏もうちの全てを受け入れてくれた。

うちは星野夏さんに言葉では言い表らせないほどに勇気をくれました。本間の本間にありがとうございました。
comment by: チッチキチー | 2006/11/10 10:55 PM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://naoko1999.jugem.cc/trackback/761
TrackBacks:
あおぞらposted with 簡単リンクくん at 2006. 7.14星野 夏著ポプラ社 (2005.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る評価 ★泣けます。なきました。 しかも、もう最初の数ページから、じわじわと・・・(まあ、最近涙線がゆるいせ ..
trackback by: mikapapaの 「こんな本を読んだ」 | 2006/08/10 11:58 PM
[[attached(1,right)]] ===== 星野夏 =====   @ポプラ社     2005年10月7日  第1刷発行     2006年4月6日  第13刷      題字/'''緒方修一'''      写真/'''千田容子'''
trackback by: 入ル人ラ | 2008/05/13 2:12 AM
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)