<< アン・マキャフリー『天より授かりしもの』*prev
長嶋 有『『ジャージの二人』 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

栗田有起『お縫い子テルミー』

 恋は自由を奪うけれど、恋しい人のいない世界は住みづらい。
 叶わぬ恋におちてしまった仕立て屋・テルミーの切なくも前向きな姿を描いた
 「お縫い子テルミー」と「ABARE・DAICO」の2作を収録。



 お縫い子テルミー
第129回芥川賞候補作。物語の冒頭、
「流しの仕立て屋をはじめて三ヵ月がたつ」の一文にいきなり目が釘付け。
一気に、どこか不思議な雰囲気がただよう物語世界に、惹きこまれてしまった。
照美ことテルミーが恋した相手は「歌が恋人」と公言する女装の歌姫シナイちゃん。
テルミーの叶わぬ恋の顛末と、恋しい想いを内に秘め、前向きに歩みだす姿を
温かなまなざしで、優しく描いている。

とにかく「流しのお縫い子」という設定が奇抜だ。魅力的だし、とてもソソられる。
南の島から上京してきた東京で、「服を縫う」ことが天職だとして受け入れ、
運命のおもむくまま自由に生きるテルミーがとってもチャーミング。
テルミーの恋した相手は、“歌うことが運命”歌しかないシナイちゃんだった。
たとえ初めての恋が叶わなくても、どこかでシナイちゃんと繋がっていることを信じ、
顔を上げ、誰からも束縛されず、前向きに自分の運命を歩んでいく。。。
そんなテルミーの姿はとても潔く、凛々しく、そして美しい。
私はふたつバックを持っている。ひとつには生活道具、
もうひとつには、裁縫道具が入っている。

と言い切るテルミーに、たまらなく
「頑張れ〜!!」熱いエールを送って応援したくなる。
読み終えて、爽やかな風を感じるようだ。とってもオススメ♪

 ABARE・DAICO
訳ありの家庭環境ゆえなのか、妙にしっかりして所帯じみてる小松誠二は小学5年。
こんな誠二の身の上に起こったひと夏の、とんでもない事件の顛末を
ユーモラスに描いたお話である。

妙に大人びているようで、だけど年相応の子供っぽさを残す誠二。
誠二のナイーブさ、複雑な胸の内を、丁寧に描いているところに、とても惹かれる。

とんでもない事件のおかげで、家族にちょっぴり変化が訪れたし、
親友オッチンとの友情も、より深くゆるぎないものとなったし(題名参照せよ^^)
そしてちょっぴり誠二も大人になった。
ラスト、それまでどこか色褪せていたような世界が一変し、
強烈に夏を主張し始める様子が、とてもいい。
読み終わって、心がぽっと温かくなるようだ♪


栗田作品を読むのは『ハミザベス』に続いて、これで二作目。
彼女の作品が持つとぼけてるようなおかしみは、読んでいるうちにクセになる。
そして読了後に、なぜか心のどこかに引っかかるモノが残るのだ。
芥川賞は逃したけど、独特の味のある作品をこれからも発表していって欲しい。
栗田作品、今後も要チェック!!
author: 七生子
作家か行(栗田 有起) | permalink | comments(4) | trackbacks(2)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
流しのお縫い子・・・。
栗田さんの発想力には毎回感嘆させられています。
設定はちょっとびっくりでしたが、テルミーがラストに見せた
前向きさはすがすがしいと思いました。
comment by: tamayuraxx | 2006/06/10 6:33 PM
>tamayuraxxさん

こんにちは!コメント&TBありがとうございました!

とんでもない設定だけど、ちゃんと主人公が地に足がついてるのがいいですよね。
背筋がぴんと伸びている主人公には、いつもながら惚れ惚れしちゃいます(*^^*)。
comment by: 七生子 | 2006/06/11 2:18 PM
自分は「ABARE・DAICO」のほうが面白く読めました。
やはり男なだけに
男の子を主人公にした物語の方がしっくりきます。
comment by: す〜さん | 2006/07/18 10:26 PM
>す〜さん

コメントありがとうございます。
えええええええ!す〜さんて男性だったんですか!
女性なのかとばかり思ってました(汗)。

つい最近「ナツイチ」で文庫版『お縫い子テルミー』を入手したので、
そう遠くないうちに読み返したいと思ってます。
すみません。「ABARE・DAICO」がどんな物語だったのか、覚えてませんの(滝汗)。
comment by: 七生子 | 2006/07/19 8:18 AM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://naoko1999.jugem.cc/trackback/77
TrackBacks:
お縫い子テルミー 栗田 有起 / 集英社表題作「お縫い子テルミー」と「ABARE・DAICO」の2編を収録した1冊。 栗田さんの既刊では何故かこれ1冊だけ未読でした。 深い理由はありません。単に忘れていただけです。ごめんなさい。 表題作「お縫い子テルミー」は、16
trackback by: Four Seasons | 2006/06/10 6:18 PM
依頼主の家に住む込み、服を仕立てる「流しのお縫い子」として 生きるテルミー。 生まれ育った街を後にして東京・歌舞伎町へ。 そこで女装の歌い手「シナイ」ちゃんに出会って恋をする。 叶わぬ恋に心乱しながら東京の街
trackback by: My Favorite Books | 2006/07/18 10:26 PM
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)