<< 2008年3月発売の文庫&コミックスの新刊チェック!*prev
江坂遊『ひねくれアイテム』 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「SFが読みたい!2008年版」

ムックで発売されるようになってから毎年購入している

4152088966SFが読みたい! 2008年版―発表!ベストSF2007国内篇・海外篇 (2008)
SFマガジン編集部
早川書房 2008-02
by G-Tools


を、今年もまた購入してきた。
私がSFモノかどうかはまず置いといて、こういうのは眺めているだけで楽しい。

JUGEMテーマ:読書


で、どんだけ読んでいたのか。
10位以内にランクインした作品を国内海外とも、
案の定例年のように、愉快になるぐらいにぜんぜん読んでなかった(苦笑)。

国内編

1位 ←知人より借りだし中。
2位 ←知人より借りだし中。
3位 ←あれ?買ったっけ?
4位 ←唯一、読んでました。
5位 ←知人より借りだし中。っていうか、買えばよかった(号泣)
6位 ←積んでる(滝汗)
7位 ←積んでる(滝汗)
8位 ←挫折
9位 ←読みたい!
10位 ←積んでる(滝汗)

海外編は1位、4位、8位を積読中(汗)。
トホホホホホ。ここまで読んでないとは(汗)。

もう対象読者外だから
「SFが読みたい!」は買わなくてもいいんじゃないかと思うんだけど、
サブジャンル別ベスト10があるので、購入するのがやめられない。
「ライトノベルSF」と「伝奇アクション&異世界ファンタジー」、
「国内・海外ファンタジイ」「国内・海外ホラー」「SFコミック」は
忘れずもれなくチェック!
(「国内・海外ファンタジイ」は10作中、半分ぐらいは読んでたよ!)
巻末のSF関連書籍目録に、出版社ごとの「このSFを読んでほしい」の
2008年の刊行予定も参考になるし。
ぜひ予定通り刊行して欲しい、魅惑的なタイトルがずらりと並んでる〜♪
出版芸術社からの『日本SF全集』(全六巻)、収録作品いかんによって
買ってしまいそう。三巻以降の収録作品が、めっちゃ気になるー!
(この刊行予定には載ってないけど、国書刊行会の2008年度刊行予定
山尾悠子さんの新作書下し小説を発見!嬉しい!今年こそ、読めますように!
ジェフリー・フォードの三部作の完結篇が夏頃に刊行予定とか。
その前に一、二作目も読まなくちゃ!)

2008年度版の特別企画は「SF最新スタンダード200徹底紹介」。
1987年〜2006年の20年間に刊行された作品から
「最新スタンダード」200作品を選び、20のテーマとジャンルにわけて紹介する
ブックガイドになってるんですが、こっちもさほど読んでないな。
既読の作品が200作品中、47作品(汗)。
半分も読んでないや(滝汗)。
まだ読書する楽しみが残ってるってことで、未読がたくさんある方が幸せかしら?
積んでる本は、なるたけ発酵する前に読もうね(苦笑)>私。



「SFが読みたい!2008年版」を読んでチェック入れた本の、自分用メモ。

・田中ロミオ『人類は衰退しました』小学館ガガガ文庫
・円城塔『Boy’s Surface』早川書房
・円城塔『オブ・ザ・ベースボール』文藝春秋
・ヴィクトル・ペレーヴィン『恐怖の兜』角川書店
・ケイト・トンプソン『時間のない国で』上下 東京創元社
・藤田雅矢『まいにち植物 ひみつの植物愛好家の一年』WAVE出版
・芦辺拓『五瓶劇場 からくり灯籠』原書房
・高原英理『神野悪五郎只今退散仕る』毎日新聞社
・北原尚彦『SF奇書天外』東京創元社
・大槻ケンヂ『縫製人間ヌイグルマー』メディアファクトリー
・一柳凪『みすてぃっく・あい』小学館ガガガ文庫
・遠藤徹『むかでろりん』集英社
・浅暮三文『異人類白書』ポプラ社
・紀田順一郎『幻想と怪奇の時代』松籟社
・辻原登『円朝芝居噺 夫婦幽霊』講談社
・『鼻のある男―イギリス女流作家怪奇小説選』鳥影社
・キャロル・エムシュウィラー『すべての終わりの始まり』国書刊行会
・ジュリアン・バーンズ『イングランド・イングランド』東京創元社
・ロイス・マクマスター・ビジョルド『チャリオンの影』上下 創元推理文庫
・黒史郎『夜は一緒に散歩しよ』メディアファクトリー
・北原尚彦『首吊少女亭』出版芸術社
・ルカ・ディ・フルヴィオ『ディオニュソスの階段』上下 ハヤカワ文庫NV
・アン・アーギュラ『わたしが殺された理由』ハヤカワ・ミステリ文庫
・デイヴィッド・マレル『真夜中に捨てられる靴』ランダムハウス講談社
・ポール・オースター『最後の物たちの国で』白水Uブックス

人類は衰退しました (ガガガ文庫 た 1-1)Boy’s Surface (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)オブ・ザ・ベースボール恐怖の兜 (新・世界の神話)時間のない国で 上 (創元ブックランド)時間のない国で 下 (創元ブックランド)まいにち植物―ひみつの植物愛好家の一年五瓶劇場―からくり灯篭神野悪五郎只今退散仕るSF奇書天外 (Key Library)縫製人間ヌイグルマー (ダ・ヴィンチ ブックス)みすてぃっく・あい (ガガガ文庫) (ガガガ文庫 い 3-1)むかでろりん異人類白書幻想と怪奇の時代円朝芝居噺 夫婦幽霊鼻のある男―イギリス女流作家怪奇小説選すべての終わりの始まり (短篇小説の快楽)イングランド・イングランド (海外文学セレクション)チャリオンの影上 (創元推理文庫)チャリオンの影下 (創元推理文庫)夜は一緒に散歩しよ (幽BOOKS)首吊少女亭 (ふしぎ文学館)ディオニュソスの階段 上 (ハヤカワ文庫 NV テ 7-1)ディオニュソスの階段 下 (3) (ハヤカワ文庫 NV テ 7-2)わたしが殺された理由 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ア 13-1)真夜中に捨てられる靴最後の物たちの国で (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
author: 七生子
雑談(本のこと) | permalink | comments(0) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)