スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

湊かなえ『贖罪』のサイン本が届く

 ひさびさ東京創元社のネットサイン本販売に申し込んだ湊かなえさんの『贖罪』が、ようやく届きました♪

贖罪 (ミステリ・フロンティア)
贖罪 (ミステリ・フロンティア) 湊 かなえ

東京創元社 2009-06-11
売り上げランキング : 525

おすすめ平均 star
star悲劇の複雑連鎖
star因果はめぐる
star「少女」以上「告白」未満

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
続きを読む >>
author: 七生子
雑談(サイン) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

青柳いづみこ『六本指のゴルトベルク』

六本指のゴルトベルク
六本指のゴルトベルク 青柳 いづみこ

岩波書店 2009-02
売り上げランキング : 128998

おすすめ平均 star
star音楽の不思議、音楽の魔が降り積もっていくエッセイ集

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
『羊たちの沈黙』のレクター博士には指が六本あった!そんなエピソードにプロのピアニストは立ち上まる。音楽にこだわると、誰もが知っている小説に新しい世界が拡がってくる。クラシックは苦手、という読者も、小説の中で紹介されている音楽を聴きたくなってくる。音楽と文学をむすぶ絶好の読書案内。『図書』好評連載の単行本化。
 創元ライブラリのラインナップで見て、青柳いづみこさんのお名前だけは知っていたけど、著作を読むのはこれが初めて。プロのピアニストであるのと同時に、エッセイストとしての才能もお持ちの方なんですね。極上の音楽小説ブックガイドを堪能しました。堪能しすぎて、紹介される本みな読みたくなってしまった(汗)。読みたい本がまたまたどっさり増えてしまった(笑)。

JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
author: 七生子
ジャンル別(エッセイ&評論&その他) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

西條奈加『恋細工』

恋細工
恋細工 西條 奈加

新潮社 2009-04
売り上げランキング : 56048

おすすめ平均 star
starしんみり切ない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
一匹狼の職人・時蔵と女だてらに細工師を志す錺工房の娘・お凛。周りと打ち解けず、独り黙々と細工に打ち込む天才肌の時蔵に振り回されながらも、お凛は時蔵に惹かれていく。そして、反発し合っていた二人の心が銀細工を通じてかさなった時、天保の改革で贅沢品が禁止された江戸の町に活気を取り戻す、驚天動地の計画が動き始めた…。若い男女の哀しく切ない恋模様を描く本格時代小説。
 ああ、なんて切ない。 『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞の大賞を受賞してデヴューされた西條さんだけど、前作『烏金』と同様、江戸の市井に住む人たちの営みを描いた人情話だった。
 時代ものは苦手なはずなのに、畠中恵さんにしろ西條奈加さんにしろ、日本ファンタジーノベル大賞絡みの作家さんの作品なら、なぜかファンタジー要素がなくても美味しく読めてしまう私。
 この作品もお凜の想いの行方と、誰が錺職椋屋の跡目を継いで五代目春仙になるのかが気になって、作品世界に引き込まれて一気読みだった。
 JUGEMテーマ:読書
 
続きを読む >>
author: 七生子
ジャンル別(ミステリ&エンタメ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

大島真寿美『すりばちの底にあるというボタン』

4062153068 すりばちの底にあるというボタン
大島 真寿美
講談社 2009-02-18

by G-Tools
「すりばち団地」に住んでいる薫子と雪乃は、幼なじみ。その二人の前にあらわれた転校生の晴人。薫子と雪乃が知っていたのは「ボタンを押すと世界が沈んでしまう」ということ。しかし晴人が知っていたのは、「ボタンを押すと願いが叶う」ということ。どちらが真実?三人は、真実を探しもとめ動きだす。―団地を舞台に心の揺れ動きを丁寧に描き出した物語。

 ちょっと前に読んだ『三人姉妹』とは違って、こちらのお話は小学生の少女少年を主人公に据えた物語だった。“すりばち団地の敷地の底にあるというボタン”を押すとどうなるの?願い事が叶うの?それとも世界が沈んじゃうの?真相はいかに?すりばち団地の秘密を探るべく、団地を舞台にした三人の冒険は幕を上げる。
 
 
JUGEMテーマ:読書
 
続きを読む >>
author: 七生子
作家あ行(大島 真寿美) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

どこまで行ったらお茶の時間

本を買うのも読むのも借りるのも大好き!
とにかく本が好きな私七生子が、読了本の感想など綴ってます。
ドンナ・マサヨの悪魔 六本指のゴルトベルク 遠くの声に耳を澄ませて 恋細工 ジョーカー・ゲーム きりこについて 山魔の如き嗤うもの (ミステリー・リーグ)